LINEで送る
Pocket

wallstreet-b

パトリック・バーンCEO(米オーバーストック)は本日、同社の子会社を通じウォール街のディーリングシステム開発会社SpeedRoute Technologyを買収したことを発表した。米国株市場の2.5%の注文処理を行うSpeedRouteのインフラ技術を用い、暗号通貨技術とウォール街の融合をより加速させることが狙いだ。

同社はかねてより、ブロックチェーンを用いた証券取引プラットフォーム「T0(ティーゼロ)」の開発に取り組んできた。これまでの証券市場では、証券の約定から受渡日まで1~3営業日掛かることが通例だったが、同社が開発した「T0」では、その名のとおり約定から受渡しまでが即日で行われる「T+0」を実現している。公式声明で同社は次のように述べた。

「ブロックチェーンベースのT0ソフトウェアとSpeedRoute社のインフラ技術、およびマスへのアクセシビリティを組み合わせることで、現在の資本市場に大きなパラダイムをもたらすことになるでしょう。」

証券取引等監視委員会(SEC)に提出されたForm 8-Kによれば、オーバーストックは1,100万ドルのキャッシュと、同社の株式90万株(1,930万ドル相当)、あわせて3,030万ドルでSpeedRoute社を買収。また、これに伴いSpeedRoute社CEOを務めるジョセフ・カマターラ氏は以前、オーバーストックから出資をうけたプライベートカンパニーPro Securitiesの際の持ち分と合わせて、「T0」の開発を行う子会社Mediciの株式のうち50%を保有することとなる。

バーン氏はブロックチェーンを用いたT0が普及することで、証券取引のみならずすべてのオンライン決済のコストを80~90%削減できると考えており、また、SpeedRoute社の買収によりすべてのブルームバーグ端末を通じてT0テクノロジーを通じたトレードを行えるようになると述べた。

「要するに、これ(T0)はワームホールです。今、ふたつの宇宙が接続されたのです。我々が作りあげたすべてのシステムは、ブルームバーグの端末を持つ人々のeTradeアカウントを通じて直接(暗号アセット)にアクセスできるようになります。」

また、オーバーストックは現在、List of largest Banks(Relbanks)に掲載される、中国工商銀行(ICBC)を含む銀行6社とパートナーシップを締結し、T0の技術試験を行い、今月のはじめにはNASDAQ本社にてT0技術のプレゼンテーションを行った。


参考:
Newswire – Overstock.com to Acquire SpeedRoute Technologies and Related Businesses
SEC Filings – Form 8-K for OVERSTOCK.COM, INC

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36