LINEで送る
Pocket

ob
特定の中央サーバーを持たず、分散的なノードで動くP2PマーケットプレイスOpenBazaarがアンドリーセン・ホロウィッツ、ユニオンスクエアベンチャーズ(USV)、およびエンジェル投資家のウィリアム・ムガイア氏などシリコンバレーの中心的な人々に支えられ、100万ドルの資金調達を実施したことが明らかとなった。

OpenBazaarは2014年4月に発足したオープンソースのプロジェクトで、ブライアン・ホフマン氏をリードディベロッパーとし、ビットコインとモノやサービス、デジタルコンテンツの交換を安全に行える、いわゆる分散型の楽天市場の構築を目指している。

関連記事: 分散型マーケットプレイスOpenBazaarとは何か

プロジェクトの特徴としては、売り手と買い手が1対1で取引するのではなく、取引を監視する仲介者(システムではなく人)を分散的な仕組みを保ったまま取り入れることで詐欺を抑制するエスクロー機能を実装していることだ。

ウィリアム・ムガイア氏は、OpenBazaarについて「マルチシグとリカーディアン契約を用いたフル・オープンな取引プラットフォームであり、検閲体制のあるビットコインのイデオロギーを具現化したプロジェクトだ」と評しており、また、USVのブラッド・バーナム氏は「完全に開かれた市場が再び訪れた」と述べた。

USVは以前よりシルクロードの研究を行っており、「ビットコインを利用したダークウェブ上の取引は、誰にも検閲されることのない極めて自由な市場を構築できる可能性があり、そして、それは非常に巨大に成り得るポテンシャルを秘めている」とするブログをパートナーの一人が投稿している。

リードディベロッパーであるブライアン・ホフマン氏は、OpenBazaarの目的として商取引を完全に分散化させることにあると述べている。

「インターネットは通信を分散化し、ビットコインはお金を分散化した。しかし、商取引はいまだに中央集権的な仲介者を介してしか行えない。」

資金調達した100万ドルの資金は、これまでボランティアを中心に行ってきた開発を加速させるため、OpenBazaarの開発に専念するコアディベロッパーの雇用に充てるとしている。P2Pネットワーク、リカーディアン契約、分散評判システム、マルチシグネチャエスクローなどを取り入れたOpenBazaarは今後どのように進化していくのだろうか。

これに伴い、OpenBazaar開発チームはプロジェクトを正式に事業化し「OB1」として新たなスタートを切ることになる。OpenBazaarプラットフォームは一切の手数料を取らず、OB1チームはOpenBazaarネットワークの中のノードのひとつとして機能していくが、ネットワーク上の紛争解決(仲介者は紛争が起こった場合手数料を取ることができる)、店舗のホスティングサービスなどを提供していくとのことだ。


参考:
OpenBazaar – OpenBazaar is Entering a New Phase with Funding

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36