LINEで送る
Pocket

Paypal_2014_logo

スイスに本拠を置くビットコイン・スタートアップ「Xapo」の創業者兼CEOであるウェンセス・カサーレス氏が、PayPalのボードメンバーに加わったことが明らかとなった。カサーレス氏の取締役任命は、太平洋時間の1月12日(火)に実行された。

Xapoはビットコインのウォレット、デビットカード発行サービスを提供する世界有数の規模を誇る企業だ。2014年にはベンチマークキャピタル、インデックスベンチャーズ、グレイロックパートナーズらから2度のシリーズAを経て、合計4千万ドルの資金調達を実施。また、2015年5月にはシティグループ元CEOのジョン・リード氏、ビザ創業者のディー・ホック氏、元米財務長官のローレンス・H・サマーズ氏を顧問に招き入れ、業界内外から大きな注目を集めた。

カサーレス氏の経歴もまた華々しい。同氏はアルゼンチン初のインターネットプロバイダを創業、2000年には、若干25歳にしてオンラインブローカー「Patagon」を7億5千万ドルでバンコサンタンデールに売却している。彼の快進撃は止まらず、ブラジルで「Banco Lemon」の立ち上げ、また、モバイル決済サービス「Bling Nation」「Lemon Wallet」を創業し、再び2013年に売却した。

そのため、PayPalが声明の中でカサーレス氏を「次世代決済、暗号通貨界のリーダーであり、世界で最も成功したフィンテック・アントレプレナー」と表現していることは充分に頷ける。

カサーレス氏は、声明の中で「世界規模でお金の在り方を変えんとするグローバル企業の取締役に着任できて光栄です」とコメント。また、PayPalのCEOを務めるダン・シュルマン氏は、「商取引に対するウェンセスの類まれな未来観は、お金の移動や管理を、世界中の人々のために変形させようとするPayPalのビジョンと合致しています」と述べた。


PayPal – PayPal Appoints Wences Casares to its Board of Directors

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36