LINEで送る
Pocket

china

中国人民銀行(PBOC; 中国の中央銀行)のファン・イフェイ副総裁は9月、ブロックチェーンによる仮想通貨の発行を中央銀行が率先して進めていく必要性を強く示した。

これは、中国国内におけるインターネットの普及と暗号技術の飛躍により、インターネット上で貨幣が流通する準備が整ったからだという。

「PBOCでは現在、デジタル法定通貨の開発に取り組んでいます。このチャレンジを成功させるには、この新たな通貨の発行と流通監視、また制度的枠組みやマクロプルーデンスについても設定する必要があります。」と、ファン・イフェイ副総裁は語る。「中央銀行は金融安定化のために、デジタルな法定通貨のネガティブな効果を最小化し、ポジティブな効果を最大化することに努めねばなりません。」

政府が仮想通貨を発行することで、マネーロンダリングや脱税などの監視コストは大幅に削減される。ファン・イフェイ副総裁によれば、現存の仮想通貨には信頼性や価値の裏付けがなく課題が多いが、中央銀行が管理し発行することで解決することも多いという。また、法定通貨が仮想通貨化することで人々のライフスタイルが大幅に変わることが想定されるため、普及と採用に向けた2つのフレームワークを慎重に選ぶ必要があると付け加えた。

一つ目のオプションは、中央銀行による完全な管理するスキームだ。ここでは、中央銀行が市場に直接マネーを供給し、発行・流通・管理を受け持つ。二つ目は、現在のマネーの流通モデルを踏襲するスキームになる。従来どおり、中央銀行が商業銀行に対して通貨を発行し、商業銀行が人々に対してサービスを提供する。

現在、PBOCのスキームは既存の法定通貨からの移行を考慮し従来型の流通スキームを採用する方針に傾いているとのことだ。

「重要な関心のひとつは、デジタルの法定通貨が貨幣創出を効率化することによって、容易に金融機関離れを起こすであろうことです。このような技術により銀行預金からナローマネーまで急速に変わることで、金融恐慌が起こり、始まってしまえば急速に拡がることが想定されます。」

ファン・イフェイ副総裁はこのようなシナリオを常に想定し、仮想通貨の発行に関するメカニズムを策定しなければならないと述べた。仮想通貨の発行においては複雑な問題も多く考慮する必要があり、一筋縄ではいかない。しかし、ファン・イフェイ副総裁はそれでも「金融システムにおいても、イノベーションは奨励されなければならない。」とし、仮想通貨の発行にはかなりポジティブなスタンスを持っていることがわかる。PBOCでは、ジョウ・シャオチュアン総裁の掛け声で2014年から仮想通貨の研究開発が進められている。ジョウ総裁によれば、中央銀行による仮想通貨が発行され流通がはじまったとしても、長期間に渡って仮想通貨と既存の通貨が共存するだろうとのことだ。


bloomberg

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36