LINEで送る
Pocket

china-bitcoin2

中国人民銀行(PBoC)は20日、中央銀行が発行する中国政府のためのデジタル通貨を発行しようとしていることを明らかにした。

「Bitcoin」や「Cryptocurrency」、「Blockchain」という言葉が使われていないにも関わらず、中国政府がビットコインを意識した仕組みを考えていることは明らかだ。PBoCは声明の中で次のように述べた:

「デジタル通貨の発行は、紙幣の発行コストを大幅に削減し、経済取引の利便性と透明性を向上させる。また、マネーサプライにおける中央銀行の能力を高めるとともに、マネーロンダリングや脱税、その他の金融犯罪を抑制し、包括的な社会の発展に寄与することができる。」

声明によれば、PBoCは2014年からデジタル通貨研究チームを発足しており、暗号通貨のテクノロジーの研究とユースケースの模索、組織が管理するためのメカニズムの研究を行ってきたとのこと。

これは突然降って湧いた話ではない。2014年には、中国政府当局のWu Xiaoling氏が「デジタル通貨(暗号通貨)は法定通貨と共存可能だ」と述べ、暗号通貨を地域通貨として利用することで決済ネットワークを分散し流通コストの削減に役立てることができると話していた。


tech.sina.com.cn

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36