LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2017-04-16 午前0.05.39

2013年12月に2ちゃんねるから生まれた国産仮想通貨、モナーコイン(Monacoin)が、世界に先駆けてSegregated Witness(SegWit)の採用と有効化に至った。1週間程度のロックイン期間を経て、コードがメインネットにデプロイされることになる。

ビットコインのコア開発者によってリリースされたSegWitは、ビットコイン本体では未だ有効化されていない。2015年から続くスケーラビリティ論争により、マイナーや事業者、開発者、投資家など膨れ上がった各ステークホルダーの間で対立が勃発したためだ。

モナーコインは今年2月より、Bitcoin Improvement Proposalで定義されるSegwit、CSVなどの提案を取り込んだバージョンをリリース。3月よりSegWitのシグナリングが開始されていた。モナーコインは国産ではあるものの、マイナーのシェア自体は海外にも分散している。有効化に至ったのは、国内コミュニティの自主的な努力によるものだ。coinmarketcapを見ると、モナーコインの時価総額は現在67番目。今後に期待がかかる。

モナーコインやビットコインのほかにも、ライトコイン、バートコイン(Vert)などもSegWitのシグナリングを行っている。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36