LINEで送る
Pocket

pwc_resupress

5月13日、会計大手のPwCとビットコインの決済サービスや取引所などを運営するレジュプレス株式会社がブロックチェーンを活用した企業間送金の実証実験を開始したことを明らかにした。

ブロックチェーンの透明性や強固な改ざん耐性を活かし、企業間送金の透明性を高めると共に、経理業務効率化に向けたソリューションの開発にも着手する。PwCはクライアントのビジネス要件をまとめ、レジュプレスはブロックチェーン基盤の開発に取り組む予定だ。

本実証実験において、PwCはブロックチェーンを活用したシステムの目的として「経理業務の効率化」「セキュリティの検証」「仮想通貨の使用に対する企業の障壁」の3点を掲げた。経理業務の効率化においては、例えば、ネッティングや請求しょの電子化、請求項目の消しこみ等を通じた業務時間の削減を図ると共に、仮想通貨を用いた送金を行うことで、為替手数料の削減を目指す。

「今回の取り組みは、国内企業間の送金業務の、会計面まで含めたソリューションとしての価値と、国際送金市場をディスラプトしようとする価値の複合技です。」と、レジュプレスCOOの大塚雄介氏は語る。「企業は、あまり意識することなく、この為替交換手数料を銀行に毎年数億円支払っています。これは、現状の銀行システムでは、コルレス銀行などを経由して支払いを行なっているからです。」

本実証実験において開発するのは、この問題解決のために根本的なスキームの変革を図り、為替交換手数料を大幅に引き下げるソリューションだという。また、企業間のプライベートネットワークではなく、クラウド環境の利用を想定した情報セキュリティ面の検証も行うとのこと。大塚氏は、「法人ソリューションは、その実用性や信頼性、確固たる実績が重要なファクターになる」とし、高い実績を持つPwCと、テクノロジーを支えるレジュプレスがコラボレーションすることで補完できると話した。

「昨今、製造業を中心に、海外進出に伴うサプライチェーンの拡張、複雑化が問題となっています。下請会 社が一次、二次と増えるに従い、資金流が見えにくくなり、資金回収の困難さや不正といったリスクにも直面しています。PwC とレジュプレスは、革新的な技術と言われるブロックチェーンを活用することで、こうし た企業が抱える問題の解決を目指します。」

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36