LINEで送る
Pocket

bitmain-firm

中国の大手マイニングファームBitmainがAI分野の研究に参入し、さらなるマイニングの効率化を目指していることがわかった。AIを活用することにより、マイニング専用コンピュータ・チップ(マイニングASIC)及び、冷却システム、電力供給システムを最適化することによりパフォーマンスを上げたい考えだ。

Bitmainはマシンラーニングのいち分野であるディープラーニングを採用し、膨大なデータの解析を進める。ディープラーニングは多くのIT企業で研究されており、グーグルやフェイスブックなども注力している。たとえば、先日話題になったグーグル謹製AIであるAlphaGoが世界戦優勝経験者、中国の柯潔(か けつ)棋士に3番勝負で3戦全勝した。フェイスブックは、ユーザーのアップロードした画像解析にディープラーニングを利用し、画像の認識精度向上を目指している。

Bitmainは、AntPoolとBTC.comのマイニングプールを運営し、ビットコインのネットワーク全体の20%以上のハッシュレートを占有している。ビットコインは最近、約4000ドル付近で推移していることから、マイニングの成功報酬(12.5BTC)は時価総額で50,000ドルが約10分ごとにマイナーに支払われていることになる。一日で約7,200,000ドル(約7.8億円)相当のビットコインが発掘され、価格上昇がマイニングビジネスの巨大化に繋がっていることは明白だ。

ビットコインは最近、ビットコインとビットコインキャッシュとで2つのブロックチェーンに分岐し、どちらも同一のASICでマイニング可能なため、マイナーはマイニング収益比率を計算し、採掘するコインを選択することができる。ビットコインキャッシュのボラティリティは高く、マイニング難易度も総ハッシュレートに合わせて約2週間毎に変更されるため、高度な分析力が今後のマイナーの収益率を占うだろう。

Bitmainによると、マイニングに必要な電気料金は一日約39,000ドル(約426万円)に対し、約250,000ドル(約2730万円)のビットコインが発掘されている。Bitmainのジハン・ウーCEOは、将来的なIPOも計画しており、マイニングビジネスをさらに加速させていく構えだ。

マイナーはビットコインネットワークのセキュリティ上欠かせない存在である。しかしマイナーの中央集権化が進むと、ネットワークに悪影響を及ぼす可能性がある(51%アタックなど)。先日テスラ・モーターズのCEOであるイーロン・マスク氏も、AIに対しては行き過ぎた技術が人間社会を滅ぼしかねないと警鐘をならしており、AIによるマイニング作業効率化も注意が必要か?

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。