LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-21 12.10.29

世界42銀行を束ねるR3Cevの分散型レッジャーコンソーシアムは、パートナー行とともにイーサリアムを用いた実証実験を完了したことを発表した。

声明によれば、今回の実証実験に参加したのは、バークレイズ、BMOフィナンシャル、クレディ・スイス、コモンウェルス、HSBC、ナティクシス、RBS、TDバンク、UBS、ユニクレディット、ウェルス・ファーゴの11行だ。実証実験においてはマイクロソフトが昨年11月より提供を開始したMicrosoft AzureのBlockchain as a Service(BaaS)である「BlockApps」(ConsenSys提供)を通じたイーサリアムプラットフォームが使用された。

「我々はプライベートネットワークを介して瞬時に金融取引を執行する技術の可能性を探ることができました。参加行は中央管理による第三者を介さず、分散型レッジャーによってトークン化された資産のエクスチェンジをシミュレートしました。」

この実証実験は、分散型レッジャー技術の可能性の範囲を探るとともに、金融市場におけるユースケースを明らかにすることを目的として開始された。R3Cevは2016年内にコラボレーティングラボを通じて行う一連のプロジェクトを発表する予定だ。

「ビジョンからアプリケーションの仮説へ、仮説から実行への明確な移行は、技術によって金融市場における相互的なトレードやレポーティングが機関の中でどのように作用するかを変える大きな前進です。」と、R3のデビット・ラターCEOは述べた。また、クレディ・スイスのチーフ・アーキテクトであるステファン・ハグ氏は「ブロックチェーンは、金融業界全体とクレディ・スイスの新たな焦点となっており、この技術の適用性と価値を探るR3のリードコンソーシアムに早期参加者として加わっていることを嬉しく思います。」と述べた。


R3Cev – Press release

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36