LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-21 12.10.29

3月3日(木)、R3は加盟行40行が参加した最新の実証実験において、ブロックチェーン技術を活用した債権の発行・取引・配当を行うシステムについて5つの異なる試験を完了したことを発表した。同社の発表によれば、本実証実験は金融業界での現実のビジネスを想定したもので、世界でも最大の実験だという。

R3の銀行コンソーシアムは昨年9月に立ち上げられたプロジェクトで、12月には42行にまで拡大。国内からもMUFG、みずほFG、野村ホールディングス、SMBCの4行が加盟した。

ブロックチェーンはヒトからヒト、システムから外部のシステムへ、P2Pのネットワークを通じて安全かつ高速な価値の移転を実現する技術で、現物資産のデジタル化や証券分野での活用に期待されている。昨今ではフィンテックの興隆も合わせて国家を上げたプロジェクトにも昇華しており、英国政府では先んじて、ブロックチェーン技術を研究するための政府予算が組まれている。

「ブロックチェーンのテクノロジーは、イノベーションの新たなる開拓を促し、金融サービス業に劇的な改善をもたらします。」R3のCEOであるデビッド・ラター氏は声明の中で述べた。「数十年前にオンライントレードが登場し効率性、透明性、スケーラビリティ、セキュリティが向上したのと同様の進歩が、今、再び起ころうとしているのです。」

前回、R3はマイクロソフトのAzureを利用した試験を実施したが、今回は、「Chain」「IBM」「Intel」「Ethereum」「Eris」の協力で5つの異なるブロックチェーン基盤を利用した。クラウドにはAWS、Azureを利用した。

声明によれば、銀行は主に「スマートコントラクト」に焦点を当て、債権の発行や二次流通、配当などを自動執行可能なコードがテストされた。社債など、短期資金の調達を主眼に置いたユースケースを想定しているとのことだ。

またR3の実証実験は世界でも最大規模のものであるが、実稼働に向けた試験としては初めての事例ではない。Medici(米Overstock社子会社)のT+0証券取引プラットフォーム「TØ」や、Nasdaqの未公開株市場プラットフォーム向け基盤システム「Nasdaq Linq」など、既にブロックチェーンを基盤としたプロジェクトが立ち上がり、実稼働に向けたいくつかの実例も出てきている。例えばTØは昨年秋にダウ工業平均に連動するカラードコイントークンを発行し、ニューヨークのヘッジファンドに貸しつけた。Nasdaqは12月、同社の「Linq」を通じ、米国法に基づく公的な債権の発行を実施した

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36