LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-21 12.10.29

ニューヨークの金融スタートアップR3が、金融機関によるブロックチェーン派生技術の採用に向けた実証を目的にCorda(コルダ)の特許申請を行なっていたことがわかった。WSJの報じるところによれば、現在同社は銀行間を接続し、基幹システムの置き換えを目指すプラットフォームConcord(コンコード)の開発に取り掛かっており、その背後で同社のコルダが利用されている。

同社が2015年9月に組成したコンソーシアムには、バークレイズやゴールドマン・サックス、JPモルガンチェースのような大手銀が参加しており、R3は最終的に60行をまとめ上げ、自社のサービスを販売したいとの考えだ。

R3の共同創業者であるデイビット・ルター氏によれば、金融業界はこれまで技術革新の脅威に晒されてこなかったが、ブロックチェーンの登場によって未だかつてない危機に瀕しているという。

「金融機関は今まで、取引のコスト削減に真剣に取り組んでいなかったように思う。技術革新の脅威に晒されてこなかったからだ。今の構造では、巨大銀行のコスト削減は不可能ではないが、困難を極めるだろう」

コードネーム「コンコード」は、分散型台帳技術「コルダ」を基盤とした金融機関向けコンソーシアム台帳プラットフォームを目指すR3のビジョンであり、証券の決済や預金残高の追跡、資産クラスの追加など銀行の主なドメインが内包された包括的プロジェクトだと言えるだろう。また、コンコードではイーサリアムに似たストラクチャを採用しており、金融機関に特化したスマートコントラクトも利用できる。各行のエンジニアが、用途に合わせて自由に記述できるとのことだ。

同時に、R3は70カ国を超える規制委員会との対話も進めている。金融機関は強力な規制で縛られているため、システムの自動化や効率化、置き換えには高いハードルが存在するからだ。この結果がコンコードの成否に直結するといっても過言ではないだろう。コンコードは今年度内にリリースされる予定で、来年2017年の初めには協力行と実験を開始する。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする