LINEで送る
Pocket

bitcoin2015

元リードデベロッパーのギャビン・アンドレセン氏は最近、自身のブログで「Satoshi Roundtable Thoughts」と題したブログをポストした。香港でのラウンドテーブルの翌週に開催されたサトシ・ラウンドテーブルの結果は知ってのとおり、Coinbaseのブライアン・アームストロングCEO、BitPayのスティーブン・ペアCEOらが「時間の無駄だった」とコメントしている。

アンドレセン氏によれば、ラウンドテーブルでは結局有意な合意は得られなかったという。香港で行われた「合意」 — 2017年7月にハードフォークを行う — に対する投票では、香港の参加メンバーと数名で合計10数名ほどが賛同し、それ以外の40~50名の参加者は香港合意について反対したと伝えられている。これには、ブロックサイズを上げずに他の方法でスケールさせたい人々と、2017年では遅すぎると考える人々のふたつのコミュニティが含まれる。

ブライアン・アームストロング氏が主張するように、コア開発者の中の何人かはブロックサイズを上げる必要がなく、1MBで充分だと考えている。例えばブロックサイズを引き上げなくとも、Segregated Witnessは理論上4倍のトランザクションを処理可能にし、Lightning NetworkやSidechainなどのソリューションがオフ・チェーン(ブロックチェーンの外)でのトランザクションを拡張し、信頼のいらないビットコインの取引を数百・数千倍にまでスケールさせることができると期待されているためだ。しかし一方で、「既にトランザクションは1MBを超えている」と指摘があるように、ビットコインのネットワークは既に逼迫している事実もある。アームストロング氏はこうした「駄々をこねるコア開発者」らが精神的に幼く、ビットコインの成功の唯一のシステミック・リスクとなっている状況にあると攻撃した。これは、先週伊藤穰一氏がコメントした「コア開発者はコミュニティの宝」とは対局の意見だ。

ラウンドテーブルにおいては、ブロックサイズの拡張などブロックチェーンのハードフォークに関してのトランザクションによる、新たなコンセンサスの手段についても触れられたが、ギャビン・アンドレセン氏はそれも不完全だと指摘する。

「coinageによる75%の投票は面白いアイデアだが、期日決定や75%の数字の決定方法、投票の開始やユーザーへの通知の方法など、細かいディテールに欠けている。コーディングやレビューにも数ヶ月を擁するだろう。」

とりわけ興味深い点は、アンドレセン氏はLightning NetworkやSegwitだけではビットコインのスケーラビリティ問題が解決できないと考えていることだ。同氏によれば、オフチェーン・トランザクションはコア開発者らが恐れているマイニングの中央集権化を促進する可能性がある。

「彼らは間違っています。ブロックサイズが拡張されない場合、我々はよりオフチェーン・トランザクションに頼るようになるだろう。しかし彼らはLightning Networkを使用せず、マイナーや取引所、マーチャントなどの間だけの中央集権的なクリアリングシステムを作るだろう。」

このような状況をアンドレセン氏は「不健全」だとし、ブロックサイズを拡張することで中央集権化する懸念と同様の課題を孕んでいると述べた。


Gavin Andresen – Satoshi Roundtable Thoughts
Brian Armstrong – What Happened At The Satoshi Roundtable
Stephen Pair – What I Learned at the Satoshi Roundtable

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36