LINEで送る
Pocket

sberbank
FinTechを専門に投資を行うロンドンベースのSBTベンチャーキャピタルが、ロシア最大の銀行ズベルバンクの支援により100万ドル(120億円相当)のベンチャー投資ファンドを作成したことが明らかとなった。そして、彼らはビットコインやブロックチェイン技術の可能性に支援する意思があることを示唆している。

ロシアの情報メディアroem.ruによる、SBTベンチャーキャピタルのロシア向けFinTechスタートアップ部門パートナー ミルキア・ミハエスク氏とのインタビューは、FinTechに関する彼の考えと暗号通貨業界の可能性について、非常に示唆に富んだ内容となっている。

インタビューの中で、ミハエスク氏は暗号通貨業界についても言及した。同氏によると、現在とても興味深く、交渉する必要がある3つの企業が存在するという。具体的な企業名の明言は避けたが、これは非常に興味深い考えであるといえよう。SBTは元々ズベルバンクから派生して出来たFinTech専門VCファンドであり、すなわちロシア本土の思惑が直接的に関係してくる。

ロシアはご存知のとおり、ビットコインに関連する活動に罰金を科す法案が提案されるビットコインに関連するサイトへのアクセス禁止を行うなど、国としてビットコインを締め出す方針で動いている。

ミハエスク氏はこういった動きや既存の法律について「まったく気にする必要がない」と考えている。

“暗号通貨スタートアップにはたくさんのお金が流入しています。技術革新は活発に社会を変化させ、法律がそれに適応していくのを待ってはくれません。だから、私は今の法律を気にしていませんし、法律もこれからは3ヶ月間隔で変わっていくことでしょう。”

更に、続けて次のように語った。

“今後、すべてのトランザクションは暗号通貨技術の革新「ブロックチェイン」を介して行われるようになると私は考えています。今日の銀行は、過去の遺産に改修を重ね肥大化した、数千のアプリケーションによって騙し騙し動いています。これははっきりいって非効率であり、ブロックチェインに変えてしまったほうがいいでしょう。実際、できるはずです。”

“私たちは、自身の利益をビットコインへの直接投資や、投資信託のようなところから得ようとは思っていませんし、興味がありません。金融セクターをまったく新しいものに変えてしまうような、より根幹的な部分に、興味を持っています。”

また、ビットコインが犯罪に使われているという「風潮」に関しても、「犯罪組織が最も使っているのはなんだと思いますか?現金です!なんで誰も現金を禁止しないんでしょうね。」と一蹴した。

余談ではあるが、ズベルバンクはロシア政府と協力し、SWIFTネットワークから独自の決済ネットワークへとスイッチングをする計画を進めている。新たな決済ネットワークでは、露銀口座を介した直接的な取引が行われる見込みだ。リップルの元帳システムに基いた決済ネットワークを用いたFidorやCBWなど先進的な銀行は多くあるが、まだまだメガバンクによる採用は見られていない。

露ズベルバンクは可能性としてあり得るのだろうか。過剰な期待は禁物ではあるが、ロシアには少しだけ期待している。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36