LINEで送る
Pocket

segwit-adoption

Segregated Witnessが、Bitcoin core 0.13.1に含まれついにリリースされました。あとは直近2016ブロックのうち、95%がSegwitを支持すればロックイン期間に突入し、2週間後に有効化されます。また後方互換性があるため、マイナーやある程度の数のフルノードが対応していれば、他のクライアントは必ずしもアップデートが要求されるわけではありません。

今回のリリースに含まれるアップデートは以下のとおりです。なお、BIP142で定義されているSegwitのアドレスフォーマットに関しては、アドレスの使い分けが要求されるなどの理由から先送りにされています。

  • BIP141 – Segregated Witness (Consensus layer)
  • BIP143 – Transaction Signature Verification for Version 0 Witness Program
  • BIP144 – Segregated Witness (Peer Services)
  • BIP145 – getblocktemplate Updates for Segregated Witness
  • BIP147 – Dealing with dummy stack element malleability

対応状況

フルノード

Bitcoin Core 0.13.1 完了
Btcd pull-request (・リンク)

ウォレット

BitGo 完了 (リンク)
Breadwallet 不明
Copay bitcore-libに依存
GreenAddress 完了
GreenBits 完了
Mycelium 12月までに対応予定 (リンク)

ハードウェアウォレット

Trezor 進行中
ledger 完了
keepkey 不明

ライブラリ

Bcoin JavaScript 完了 (リンク)
bitcoinj Java 未定 (リンク)
bitcoinjs 2.3 JavaScript 3.1に持ち越し (リンク)
bitcore-lib JavaScript pull-request (リンク)
BitWasp PHP 完了 (リンク)
NBitcoin C# 完了 (リンク)
python-bitcoinlib python 未定 (リンク)

マイニング

libblkmaker 0.6.0 完了
BFGMiner 2.10.4 libblkmakerに依存
ckpool 完了
CGMiner pull-request

更新されていませんが、網羅性の面ではBitcoincore.orgが参考になります。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36