LINEで送る
Pocket

ross-silkroad
およそ100万人の利用者を抱え、オンラインで初めてコカイン、ヘロイン、LSD、大麻などの違法薬物取引のマーケットを作りあげたシルクロードとFBIの物語についに終止符が打たれる。ドレッド・パイレーツ・ロバート(DPR)の名で知られているロス・ウルブリヒトの量刑審理が、現地時間29日午後1時(30日午前3時JST)、ニューヨークのダニエル·パトリック·モイニハン裁判所にて行われることが明らかとなった。

ウルブリヒトは2013年10月に当局に拘束され、2014年2月、シルクロードの運営を通じた麻薬売買共謀、マネーロンダリング、6人の殺害への関与、コンピュータハッキングの罪で有罪を言い渡された。彼は、量刑審理に臨む最後のチャンスとして、16ページに渡る書簡を裁判官に送った。

Scribd – Ulbricht Prosecution Sentencing Letter

文書の中で彼は、DPRは複数人で管理されていたアカウントであること、6名の死者に関してはシルクロード利用による薬物の過剰摂取であったことを挙げ、最低でも20年、終身刑の可能性が高いと噂されている中での最大限の情状酌量を求めた。また、シルクロードは現実の闇市場における薬物被害・暴力(ウォー・オン・ドラッグと呼ばれている)に影響を与え、闇市場を沈静化させることに成功していたと陳述した。

違法市場とはいえ、たった3年の歴史で10億ドル市場にまでなったシルクロードの影響力は日本国内には及んでいないものの、常習者が多く、薬物問題が多く発生している海外ではメジャー紙に連日取り上げられるほど、ロス・ウルブリヒトとシルクロードの物語には注目が集まっているようだ。

ウルブリヒトは文書の中で、次のように述べた。

「シルクロードのアイデアは、あまりにも思慮にかけた、犠牲の大きなものでした。私は長い間、利用者が誰も傷つけず正しく売り買いをしているものだと思っていました。あまりにも浅はかでした。[…]あなたが私の壮・中年期を奪う必要があることは知っています。でも、老後だけは残してください。トンネルの終わりの、最後の光だけは残してください。」

量刑審理は、まもなく始まる。


関連記事:
NewYork Times – Long Sentence Sought for Silk Road Creator Ross Ulbricht
Wired – Silk Road Prosecutors Ask Judge to ‘Send a Message’ In Ulbricht Sentencing
Wired – Ahead of Sentencing, Ulbricht Defense Argues Silk Road Made Drug Use Safer
CoinTelegraph – The Community Responds on the Day Before the Sentencing of Ross Ulbricht

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36