LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-02-08 18.42.48

イスラエル発のフィンテック・スタートアップ「Simplex」(シンプレックス)が、最新のシリーズAラウンドにおいて、ビットコインマイニング企業のBitmain、Cumberland Mining、およびFundersClubらから700万ドルの資金調達を実施したことが明らかになった。

シンプレックスが提供するのは、取引所や交換所、ブローカーなどのサービスプロバイダに向けた、クレジットカードによるビットコインの購入ソリューションだ。同社のエルズ・シャピラCTO、およびニタネル・カバーラCROはペイパル出身であり、「オンライン決済におけるインターネット詐欺やチャージバックによる影響を最小化する決済APIを提供する」と、ニムロッド・レハヴィCEOは声明の中で話した。

とりわけ興味深い点としては、企業に対して決済ソリューションを提供する予定のシンプレックスが、詐欺やチャージバックが発生した場合には同社のリスクとして受け持つと宣言していることだ。

「チャージバックが発生しても、私たちはマーチャントに代金を支払います。」と、レハヴィ氏は述べた。

シンプレックスは1年前よりベータテストを実施しており、レハヴィ氏によれば、期間中に350万ドル相当の取引を捌いた実績があるとのこと。通常、ビットコインを購入する場合は銀行送金かクレジットカード決済、あるいはフィジカルなATM、P2Pでの交換が選択肢にある。一部ではコンビニに配置されたキオスク端末での購入ができる国もあるが、結局のところ、現在ビットコインの世界が抱える問題とはビットコインを購入する手段が限られていることに尽きる。

同社の決済ソリューションはAPIを通じて利用することができるため、例えば取引所やウォレットサービスは、シンプレックスのAPIを通じて利便性の高いサービスを、事業者にとっても安全にユーザーに対して提供することができる。


Simplex

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36