LINEで送る
Pocket

1月6日、ソフトバンクはブロックチェーンを活用した国際募金プラットフォームの研究開発に臨むことを明らかにした。

ブロックチェーンのコンサルティングや開発を行うコンセンサス・ベイスと協力し、競技プログラミングで60万人以上のユーザーを擁するアピリオ社のTopcoderにおけるコンテストを活用する。

募金プラットフォームの基盤となるブロックチェーンには、スマートコントラクトによる分散コンピューティングを実現する『イーサリアム』の技術が用いられ、コンセンサス・ベイスが実装を支援する。プラットフォームの詳細やロードマップなどは明らかにされていないものの、国内最大手のIT企業としてプレスリリースを出した事例はこれがはじめてだ。

暗号通貨などを使った寄付・募金の例としては、米赤十字の募金受付け、Mozilla Foundation、米大統領線候補者のランド・ポール氏による寄付の受入、また英バークレイズによるビットコインの募金プロジェクトがある。とはいえ、今回同社が発表したのは、ビットコインではなくスマートコントラクトを主眼においたプラットフォーム基盤であることには注意が必要だ。

Topcoderのコンテストは1月6日から3月31日に掛けて行われる。腕に自身のあるプログラマはこちらのリンクから挑戦してみるといいだろう。


TechCrunch – ソフトバンクがブロックチェーンの研究開発に着手、国際募金プラットフォームに応用
Softbank- ブロックチェーン技術を活用して信頼性の高い取引を実現するプラットフォームの研究開発について

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36