LINEで送る
Pocket

ethereum_vs_classic

現在、一部のイーサリアム・コミュニティ内でイーサリアム・クラシック・ネットワークへの51%アタックの検討が行われている。The DAOハック事件の解決策としてイーサリアムのブロックチェーンをハードフォークし、イーサリアム・コミュニティは盗難にあった一部のトークンの奪還に成功していた。しかしハードフォークに反対をしていた一部のマイナーたちにより、ハードフォークを拒否した元々のブロックチェーンは更新され続けた。その結果、イーサリアム・クラシックが誕生した。

ここ数日間のマーケットを見てみると、話題はイーサリアム・クラシックの話題で持ち切りだ。イーサリアムはハードフォーク成功後15ドル近くまで価格が上昇していたが、イーサリアム・クラシックが市場に出回ると一気に下落し現在は11ドル後半での値動きとなっている。この状況を快く思わないイーサリアム・コミュニティは51%アタックを仕掛けることで、イーサリアム・クラシックのブロックチェーンに攻撃を仕掛け勢いを止めようとしている。

51%アタックとはブロックチェーンの採掘にかかるハッシュレートの51%以上を占有し、一部のブロックチェーンの書き換えを行うことを意味する。しかし、現在は51%を占有するにはほど遠く、攻撃を仕掛けるには至っていないのが現状だ。

このプロジェクトは「51Pool」と呼ばれており、専用のマイニングプールとして現在、徐々にユーザーを増やしている模様だ。

同プールは以下のような攻撃的な目的を掲げている。

「イーサリアム・クラシックのネットワークを破壊する。イーサリアムの価格上昇を促す。イーサリアム対イーサリアム・クラシックの構造図を壊す。歴史的瞬間の一部になる。」

この51% アタックプロジェクトはイーサリアム・コミュニティの総意ではない。実際に、当初クラシックを否定していたマイナーの一部はこれを受けクラシックの防衛側に回っている。

もし攻撃が実際に実行されれば、イーサリアムブランド自体の価値を下げる可能性もある。この最悪の自体を防ぐには、イーサリアム・デベロッパー達の介入も考えられる。もし彼らが介入をした場合、新たな局面を迎えることとなるだろう。今後のプロジェクトの動向を注視していきたい。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする