LINEで送る
Pocket

bitcoin-atm-lamassu我々ビットコインコミュニティにとって吉報と言えるニュースが飛び込んできた。それは、世界中のビットコインATMの設置数が265台に達したことだ。ATMの設置数は着実に伸びており、8月にも200台を突破したことがニュースになっている。

世界初のビットコインATM Robocoinは、バンクーバーでビットコインを店頭売買サービスを提供するBitcoiniacによって、ダウンタウンのWaves coffee shopに設置された。それ以来、様々な製造者がコミュニティに参画し、ビットコインATMは世界各地へと広がり始めている。

ビットコインATMの世界分布

ビットコインATMの設置数と設置場所はCoin ATM Radarで確認できる。
atm-placing
現在最もビットコインATMが設置されている場所は北米であり、その数は全体のおよそ半数に及ぶ124台となる。設置場所はトロント、モントリオール並びにマサチューセッツやロサンゼルス、ワシントンなど、着実な広がりを見せている。

次に設置数の多い地域はヨーロッパで、全体のおよそ31%となる82台だ。主な設置場所は各国の主要都市であり、イギリス、フィンランド、オランダ、チェコ、スロベニア、イタリア、スペイン、ドイツなどだ。特に最近、オランダ・アムステルダムに大量のATMの導入があり、オランダだけで見ても12台と急激な普及が進んでいる。

アジア圏においては、33台のATMが確認できる。地域的には分散的かつ局所集中しており、シンガポールに10台、香港に10台、北京に2台、上海に1台、台湾に1台、タイに1台、フィリピンに1台、マレーシアに2台、韓国に2台となっており、また、日本国内においても東京六本木Pink Cow、西麻布ダイニングバーVERANDA、大阪東梅田バーレストラン・ローレンスと、計3台のビットコインATMが設置されている。

オーストラリアやニュージーランドでは計19台のビットコインATMが設置されている。オーストラリアではメルボルンとシドニーを中心に18台、ニュージーランドではオークランドに1台設置されている。

その他にも、中東やアフリカ、南米にも設置されている。中東ではカザフスタンとイスラエル、アフリカでは南アフリカ共和国、南米ではメキシコ、ブラジル、アルゼンチンに設置されている。

ATM製造業者

通常、銀行が運営するATMの場合であれば金融庁へ登録しなければならないが、ビットコインにおいては法整備が整っていないため、各国で対応に相違がある。例えば、日本では仮想通貨は通貨ではないとの見解を示しており、ATMを運営するのに必要な免許も曖昧なままだ。

そのため、世界各国でビットコインを物理的な場所で売買できるよう、より使いやすいものにするために様々な製造業者がビットコインのATMを製造し、普及を進めようとしている。

世界で初めて設置されたビットコインATMとしてRobocoinが有名だが、その他にも、最近急激に普及し設置数が90台になったLamassuや、プログラムが完全にオープンソースで、筐体価格も$999と比較的安価なSkyhookなどもある。また、マレーシアではNumoniなど独自のATMを製造しているため、東南アジアのビットコインインフラは独自の発展を遂げているように見える。

普及の先にあるもの

ビットコインATMが普及することで、ビットコインはより私たちの生活と密接な関係となり、皆が日常的にビットコインを使うことの出来る日が近づくだろう。今までのビットコインはインターネット上の通貨として発展してきたが、いわゆるギークの玩具としての認識に留まり、一般的な利用者が使えるものではなかった。

しかし、ビットコインATMの設置が進み、コンビニやデパートで日常的に見かけるようになれば、今までビットコインに無関心だった人々が「最近よく見かけるなあ」「いつも見るけど、なんだろう?」と、ビットコインに興味を持ち始め、利用するようになるのではないだろうか。

また、ATMと同じようなサービスとして、アルゼンチンのBitPagosでは、アルゼンチンのコンビニエンスストア8000カ所でビットコインを購入できるサービスRipioを発表している。インドネシアでも最近、1万ヶ所のコンビニでビットコインの購入が可能となった。こういったサービスが普及すれば、ビットコインを利用する人口は加速度的に増え、知名度も今とは比べ物にならないほどになるだろう。もしかしたら、そう遠くない未来に、誰もが当たり前のようにビットコインを利用する世界が訪れるのかもしれない。

 

(画像出典 via Coin ATM Radar)

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36