LINEで送る
Pocket

stanford-21-inc

スタンフォード大学は、1月4日よりビットコインのアプリケーションをハンズオンで学べるBitcoin & Crypto Currencies Lab (CS251P)をスタートした。講師は、21, Inc.の創業者兼CEOであり、アンドリーセン・ホローヴィッツのパートナーであるバラジ・スリニヴァサン氏、スタンフォード大学教授のダン・ボネ―氏だ。

同コースは昨年秋に開講されたCS251に続く内容となるが、その内容はほとんどが一新されている。そのわけは、21, Inc.が開発する「21ビットコインコンピューター」を使ったマイクロペイメント・アプリケーションの開発が中心になっているからだ。前期の講義は、ビットコインやスマートコントラクトなどの基礎概念を学ぶ内容だった。

21ビットコインコンピューターは、ビットコインのマイニングチップを搭載したモジュールをRasPiに接続した小型デバイスで、小さいながらもフルノードを運用できるビットコインのためのアプリケーション開発キットだ。21社が用意したマイクロペイメント・ネットワークを介することで、ビットコインによる簡易的なM2Mのマイクロペイメントサービスを開発することができる。

講義はハッカソン形式で行われ、学生は毎週、TwitterやInstagram、WordPressやGoogleを使ったビットコイン・アプリケーションの開発に取り組むことになる。それは、金融システムを扱うというよりも、ビットコインのようなデジタル通貨が、世界中のあらゆるサービスやライフスタイルの中でどのような影響を与えるかを、開発を通じて体験できる場を作るということに近いのかもしれない。

本講義はBitcoin Magazineと連携して行われており、ハッカソンで最優秀賞を取ったプロジェクトは、毎週記事として掲載されるとのことだ。また、講義は今年の後半にMOOCでも受講できるようになるとのこと。ビットコインを使ったアプリケーションの開発に興味がある人は要チェックだ。


Stanford University – bitcoin.stanford.edu
21 inc – 21.co

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36