LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-07-15 15.02.04

Bitshares創設者が立ち上げたブロックチェーンSNS『Steemit』のウェブサイトがハッカーの攻撃を受け、およそ1000万円相当のSteemit dollar(SMD)が盗まれた。SMDは米ドルと連動している仮想通貨であり、レートはマーケットによって決められる。SMDはもうひとつの仮想通貨STEEMと交換でき、STEEMをBittrexなどの取引所でビットコインなどに交換できる。

SteemitはRedditやFacebookと同じように、ユーザーがウェブ上に好きなことをポストしシェアすることができるSNSだ。しかし、従来のSNSとの最も大きな違いは、ユーザーがポストした内容に対する反響の大きさで、Steemit dollarがポストしたユーザーに与えられることだ。例えば、Facebookの「いいね」が多いユーザーほど高額な報酬となる。これは2014年に流行し、その後間もなく廃れたTsuに似た仕組みだが、Steemitではブロックチェーンによる暗号通貨が採用されており、また取引所を介してビットコインと自由に交換できるのが特徴だ。

SteemitはBitsharesの創業者により、「仮想通貨とソーシャルメディアの融合」を目指して立ち上げられたプロジェクトだ。今年5月から試験的にオペレーションが開始され、7月4日の最初の報酬が、総額1億3千万円相当のSMDがユーザーに対して支払われたことで一躍話題となった。7月の頭には1STEEMあたり0.00035BTCで取引されていたものが、同15日にはおよそ20倍の0.00653BTCの値を付けている。

そんな矢先に、ウェブサイトがハッキングされた。公式発表によれば、260を超えるアカウントが影響を受けたとのことだ。また、Steemitのデベロッパーチームは「プロトコルには問題はなかった」と状況説明を行い、もし不正にSteemit dollarが引き出されていた場合補填すると発表した。

「Steemitがハッキングを受け、85000ドル相当のSMDが盗まれました。260程度のアカウントに影響があると推定しています。現在も調査中ですが、現在ユーザーのアカウントやウォレットは問題なく利用できます。全体の総量から見れば被害は軽微であり、今後の運営にも影響はなく、またFBIなどのサイバー犯罪対策課、警察へと被害報告も行なっています。」

The DAO事件の余波が続く中で、スキャンダラスな事件が再び起こってしまった。これらに共通するのは、プロトコルレイヤーではなくアプリケーションレイヤーでバグが見つかり、その脆弱性を突かれたということだ。ブロックチェーンの台頭により、インターネット上に流通する価値を扱うアプリケーションが続々と誕生している。そして、これらをどのように管理し、セキュアなシステムを構築していくかは今後の検討課題であることは間違いない。今後もハッカーとの攻防はしばらく続きそうだ。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする