LINEで送る
Pocket

techbreau-2

テックビューロが、アララ、インフォテリア、オウケイウェイヴ、日本テクノロジーベンチャーパートナー ズ、広島ベンチャーキャピタル、フィスコ、マネーパートナーズグループなどからシリーズAとして合計6.7億円を調達した。調達先各社との戦略的事業提携も締結した。

プレスリリ―スにおいては、調達資金の運用計画としてビットコイン取引所「Zaif」のサービス体制拡大、プライベートブロックチェーン基盤「mijin」の研究開発と実証実験、また国内外におけるmijinの販売サポート拠点の設営、採用強化などを掲げている。

テックビューロが有するプライベートブロックチェーン「mijin」においては最近、SBIネット銀行、野村総研による実証実験で「勘定系システムで実用可能」であることを実証したばかりだ。また、今年1月には「さくらのクラウド」におけるmijinのクラウド環境を提供している。さらに、インフォテリアの「ASTERIA WARP」とmijinを組み合わせた製品が販売される予定になっている。

同社は25日に設立されたブロックチェーン推進協会(BCCC)の理事を務めており、また、今回テックビューロに投資を行なった各社のうち、アララ、インフォテリア、オウケイウェイブ、フィスコ、マネーパートナーズグループ(マネーパートナーズソリューションズとして参加)もBCCC会員企業だ。

「金融機関にも適用性が認められた弊社のブロック チェーン技術を、日本のパートナーとその実用地盤を固めながら、調達した資金を以て世界での オープンソース公開と販売に向けた起爆剤とさせていただきます。」と、テックビューロの朝山貴生氏は声明の中で語った。「また急成長を遂げているビット コイン関連サービスについても同様に、これを機に急速な拡大を図ります」


プレスリリース

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36