LINEで送る
Pocket

bitcoinjpjj

ロンドン大学の研究者であるサラ・ミクルジョン氏とジョージ・ダナジス氏が、英中銀が昨年2月に議論した「中央銀行による仮想通貨発行」に関する提案を受け、中央銀行が利用することを想定した「RSCoin」を開発した。ビットコインの利点である「即時決済」や「小口決済」を継承し、コントロールできる特性を持った暗号通貨だ。

今月のはじめに英中銀副総裁であるベン・ブロードベント氏が述べたように、ビットコインのような暗号通貨は現状、中央銀行にとって利用価値のあるものであるかは不透明だ。しかし一方で、ビットコインの技術は分散型の「クリアリング機構」や「資産記録スペース」としての利活用にも期待されており、またビットコインを直接的に利用することで国際送金・決済を低コストに抑えることができる。

RSCoinはビットコインなどと比較すると、公開鍵暗号を用いたトランザクションのチェーンと、それを格納するブロックが存在する意味では同じ暗号通貨であると言える。しかし、ビットコインが発行頻度や発行量があらかじめプロトコルによって定められているのとは対象的に、RSCoinは特殊な権限 — たとえば、量的緩和などでマネーサプライを制御する — を持つ『スペシャル・キー』が存在し、それを中央銀行が所持し行使することができる点で異なる。

また、分散型台帳の維持管理には中央銀行が選別した複数の第三者機関が担う。ミクルジョン氏は、従来的な中央銀行との関係と同様に「この役割は商業銀行が適任であろう」と話した。中央銀行や政府にとって取引内容が一意かつ詳細に、すべて記録される性質を持つ分散型台帳を利用する意義は大きいだろう。UCLAの教授であるバグワン・コーディー氏は「デジタル通貨の可能性は計り知れない」とし、中央銀行はRSCoinのような分散型台帳を利用することで、全世界の人々に一律の金融サービスをもたらすことができるようになるとコメントした。

英中銀は中央銀行による暗号通貨発行に意欲的だ。チーフエコノミストであるアンドリュー・G・ホールデン氏は昨年9月、マイナス金利による融資収縮の懸念から、暗号通貨を活用しゲゼル通貨のような「減価通貨」を発行するアイデアを発表している。またHSBCにより11月、中央銀行によるヘリコプターマネー実行の手段のひとつとして、分散型台帳技術を活用した暗号通貨ばら撒きのアイデアが公表された

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36