LINEで送る
Pocket

nasdaq_market

デラウェア州登記のスタートアップ、EtherIndex LLC.が米証券取引委員会(SEC)に対しイーサインデックス・イーサトラスト(EtherIndex Ether Trust;)と呼ばれる信託上場に向けた目論見書を提出したことが明らかになった。イーサリアム・ETHを用いた信託としては世界で初めての事例となる。

イーサインデックス・イーサトラスト(以下イーサトラスト)は、イーサ・米ドルに連動する証券を発行することで、その価格変動による収益機会と事業者に対するヘッジ手段を提供することを目的としている。イーサトラストはまず100万ドル分が売りに出される目論見で、その後継続的に追加発行される見込みだ。

暗号通貨信託は、最近の注目トレンドのひとつだ。先週にはニューヨーク州のSolidX PartnersがビットコインETFをニューヨーク証券取引所へ上場させるための手続きを行なっており、またウィンクルボス兄弟は最近、NASDAQからBATS Globalへと同ETFの再申請を行なっている。

本件はイーサリアムの信託ということで、世界初の挑戦ではあるものの、SECが同社の目論見を受諾されるかは怪しいところだ。イーサリアムは正式運用が開始されてからわずか1年の歴史しかなく、直近のハードフォークなどのリスクもある。

また、目論見書においてはイーサ(ETH)はビットコインとは異なり、現時点においては米商品先物取引委員会(CFTC)や米財務省(FinCEN)が指摘事項を出していないことから規制下には置かれてないとのことだが、将来的にはビットコイン同様に規制下に置かれる可能性が高い。IRSも同様に、ビットコインに関しては徴税すると明言しているものの、イーサ等オルトコインについては深く言及していないのが現状だ。

技術面での関心はもとより、投資家の心も惹きつけつつあるイーサリアム。ビットコインETFの次にはイーサETFが来るのだろうか。


nasdaq

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36