LINEで送る
Pocket

executive-order
米ホワイトハウスは、エドワード・スノーデンやアノニマスなど「重大なサイバー犯罪活動に従事する者への、いかなる手段による支援の禁止」を求める大統領令を発した。これにより、米当局は世界ではじめて暗号通貨資産を没収できる機関となった。

バラク・オバマ氏が発した大統領令では、政府の指定する「任意の人物」あるいは「国家機密や重要インフラへ攻撃を行うサイバー活動の従事者」に対し「直接的な補助、後援、または金銭や物の供給、または技術支援、または活動を支援するサービスの提供」を禁じる旨が書かれている。

参考:The White House – Executive Order — “Blocking the Property of Certain Persons Engaging in Significant Malicious Cyber-Enabled Activities”

大統領令について、暗号通貨資産を名指しする表現は見られなかったが、明らかにビットコインの性質を説明した資産転送手段について明記されている。

“瞬時に資金や他の資産の転送を認めた場合、本命令においては該当する人物に対する事前通知のような、規定上の手順は無駄であると判断する。従って、国家の非常事態宣言を有効とし、本命令におけるセクション1に該当する者に関連する活動については事前通知なしに、本命令を行使する。”

オバマ・エフェクト

オバマ大統領が発した命令とは裏腹に、ビットコインによる寄付は急増しているという点は興味深い。発令と同時に、エドワード・スノーデンが作成したビットコインアドレスに対して大規模な寄付が行われていたのだ。現時点で、以前Citizenfourが公開したスノーデンのドキュメンタリーの影響で大幅な寄付が集まった時よりも大規模な寄付が行われているのがわかる。

スノーデンのアドレス:1snowqQP5VmZgU47i5AWwz9fsgHQg94Fa
snowden-address

現在スノーデンの所持するアドレスには23.3BTC(70万円相当)の寄付が集まっている。これはオバマエフェクトと呼ばれ、人気のコンテンツが禁止されると逆に利用が促進される現象と非常に似ている。

オレゴン州の男性は実名で寄付

ビットコインコミュニティの中には、大統領令に正面から歯向かう無謀とも言える人物も現れた。Reddit名KayRiceは、オレゴン州に住むクリストファー・アイブスを実名であると主張し、電話番号も公開してオバマ大統領を挑発した。

参考:Reddit – KayRice

彼の行動はオレゴン州の地元紙オレゴンライブ – オレゴニアンにも取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。アイブス氏の寄付したビットコインはたったの0.001337BTC(33セント相当)であるが、スノーデンを支援したという事実は変わらない。

本大統領令は、寄付した額にかかわらず、国家の利益と相反する行為であるとし、支援者の資産を当局が没収できるという過激な内容だ。オレゴン州の男性がどのような扱いになるのか、非常に気になるところである。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36