LINEで送る
Pocket

car-lease-smartcontract

車を借りるのに、もはや契約書は必要ない。

このたび、ラスベガスで開催されたMoney20/20の場において、決済の巨人「VISA」と、電子署名によるデジタル・トランザクション管理(DTM)の雄「Docusign」は、駐車場や自動車保険、カーリースのような従量課金サービスを、ブロックチェーンを用いて管理する新サービスのプロトタイプアプリを発表した。

このアプリを使用すると、ユーザーは車内のダッシュボードパネルから時間・距離などの料金プランを選択し、タッチパネル上で署名を行うだけで車のレンタルを行うことができる。これらはDocusignの技術(DTM)を用いてデジタルの契約情報となり、VISAの決済ネットワークを通じて支払いが行われる。これらのデータはユーザーのアイデンティティ情報として適時、ビットコインのブロックチェーンに記録され、また車両に搭載されたアプリはブロックチェーンを参照しライセンスを更新する。

いわば、車がブロックチェーン上のひとつのコモディティとして登録され、DocusignやVISAが個人情報や決済のような、現実世界とブロックチェーンを結ぶインターフェースとして機能するということだ。

「我々は、もはや取り立て屋を必要としない。なぜなら、車自身が未払い金を回収できるようになったからだ。」

この技術は必ずしも、車への適用だけに留まらない。ホテルの予約や不動産の賃貸、保険の加入・支払い、デジタルコンテンツのライセンス更新をはじめとし、支払いが付随するあらゆる契約に応用できる可能性を秘めている。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36