LINEで送る
Pocket

remittance

11月13日、ビザ・ヨーロッパはブロックチェーンによる送金サービスの実証実験に取り組んでいることを明らかにした。プロジェクトを牽引するのは、ロンドン、テルアビブ、ベルリンに研究所を構え、欧州の金融イノベーションを推進する業界団体のビザ・ヨーロッパ・コラボだ。

実証実験においては、米シリコンバレーのインキュベーターBoost VCの卒業生であるブロックチェーン・スタートアップEpiphyteと協力体制を構築。トレーディングとセトルメントの効率化に強みを持つEpiphyteの技術力を活用することで、ブロックチェーン上でのユーロ、ドルのような実際の資金移動を行えるようにすることを最終目的としている。

ビザ・ヨーロッパの実証実験はまだ始まったばかりで、具体的なコンセプトは明かされていない。しかし、同社は声明の中で、ブロックチェーン技術が決済サービスに与える影響は重要であるとし技術研究の重要性を力説、「これまでの常識では解決困難な問題を解決しうる技術である」と述べた。

「ブロックチェーンは、伝統的な決済システムのない地域の人々にとって生命線となる可能性を秘めています。家族にお金を送る必要がある人々は世界に数百万といますが、今までのやり方は非常に手間がかかり、また高額な手数料が徴収されてしまう問題がありました。我々は、仕送りをする人、される人のためのより良い送金サービスを開発できるチャンスがこの技術にはあると信じています。」

同社によれば、実証実験は既に折り返し地点にきており、2016年1月頃には終了する見込みであるとのこと。また、同社は11月2日、米ビザによる212億ユーロの買収契約を正式に締結。先月ラスベガスにて開催されたMoney20/20の場において、ビザはカーリースにブロックチェーン技術を用いたパイロットアプリケーションを発表したことからも、同社のブロックチェーン技術研究の加速統合に大きな期待が持てる。

visa-europe-bitcoin-remit


Visa Europe Collab – Sending money overseas: could the blockchain hold the answer?
Visa Europe – Visa Inc. to acquire Visa Europe

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36