LINEで送る
Pocket

btl-visa

国際決済ブランドのVISAがブロックチェーンの新たなパイロットプログラムを開始した。このプログラムはカナダのBTL Groupと共同で始められたもので、同社のイノベーションハブであるビザ・ヨーロッパ・コラボが主導しクロスボーダー決済へのブロックチェーン適用を目指す。

新プログラムでは、BTL Groupが開発するインターバンク決済プラットフォーム「Interbit」を用いて実証実験を行う手はずだ。Interbitはイーサリアムをベースにしたプラットフォームであり、スマートコントラクト記述言語のソリディティ(Solidity)を利用している。VISAはInterbitを活用することで、銀行間の国内外決済の摩擦と、信用リスクや決済時間を軽減するとともに、コンプライアンス要件を満たすための処理を自動化できると期待しているようだ。

発表によれば、既に欧州のいくつかの銀行がプログラムへの参加表明を行なっており、まずは少数の機関でマルチカレンシーによる送金と為替取引を実証していくとのこと。新規のパートナーも引き続き募集し、インターバンク決済の効率化を目指し知識と経験を蓄積することを最終目的としている。

ビザ・ヨーロッパ・コラボの共同創設者兼イノベーションパートナーのヘンドリック・クレインミード氏は、スマートコントラクトや分散型台帳技術を活用することで「地域ごとの規制にも対応した、早く、低コストなインターバンク決済網が構築できると信じている」と話した。実証実験は年内に完了する予定だ。

VISAはブロックチェーンに期待を寄せる企業のひとつだ。2015年8月には、インドに新設したラボを起点に、アメリカ、シンガポールにまたがるブロックチェーン研究チームを組成した。また、同10月には電子署名サービスDocuSignと共同による、ビットコインのブロックチェーンを用いたカーリース契約のパイロットアプリケーションをMoney20/20の場で披露した。


VISA Europe Collab

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36