LINEで送る
Pocket

Captured from YouTube

 

クレジットカードの国際ブランドVISAは、ビットコインのエコシステムに強い関心を抱いているようだ。新規決済技術開部門のエグゼクティブ・ディレクターであるジョナサン・ヴォー氏は、先日開催されたWIRED MONEY in Londonの場でビットコインと既存決済ネットワークが融合する可能性について語った。

ヴォー氏はビットコインに関して、既存の金融システムとの間に利害の不一致や対立があるが、これを解消することが出来れば大きな成功を収めることができると考えているようだ。とりわけビットコイン・スタートアップの躍進には注目しているようで、「彼らのイノベーションは賞賛に値する大きなパラダイムであり、デジタル通貨と金融システムが融和することに非常に大きな価値がある」と述べた。

「私は、ビットコインの通貨とその基盤となっている技術を分けて考えています。ビットコインは通貨として非常に面白いと感じます。ビザでは、私たちが通貨を管理しているからです。」

ヴォー氏は技術としてのビットコインについても、決済システムの業務効率化に役立てる可能性があるとしたが、とりわけ注目しているのは通貨の部分のようだ。彼は付け加えて「通貨として安定するかしないかは、非常に興味深いテーマである」とし、ビザでやる可能性については濁したものの、国際決済のスタンダードになる可能性を示唆した。

また、ビザが現在興味を抱いている分野としては、オンライン決済や請求書システムにおけるクラウドを狙った個人情報盗取や詐欺による不正利用があるという。ブロックチェーンを利用したプロジェクトの中には、アイデンティティ証明等をエンド・トゥ・エンドでセキュアに行うことができるソリューションを展開するようなものもあり、ヴォー氏はこういったビットコイン関連技術の中から、ビザのシステム改善に応用できる技術を模索しているようだ。

さらにヴォー氏は金融機関とビットコインのエコシステムの関係に関して、「同じ目標のはずなのに、お互いに足を引っ張り合っているきらいがある」と分析し、より効率的な方法を取るべきであると語った。

「金融をよくしたいという気持ちは同じなはずだ。既存の金融機関とパートナーになりたいならば、金融の世界のことをもっと知るべきだ。ミレニアム世代を相手にしたサービスは本質ではない。業界全体がより学び、より適応しなければならない。」

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36