LINEで送る
Pocket

vitalik_buterin
ブロックチェインはこれまでの間、多くの革新的なエコシステムを提案してきた。Counteparty、Omni、MaidSafe、Storj、OpenBazaar、Factom、Ripple、そしてEthereum。これらはそれぞれが相互に作用し、ビットコインのネットワークに依存し、あるいはビットコインの青写真がなければ、アイデアすら生まれることがなかったプロジェクトだ。

しかしながら、必ずしもブロックチェインがそのシステムに必要なのかというと、一抹の疑問を感じざるをえないのも事実である。川上量生氏が言うように、ビットコインのネットワークにおけるトランザクションの処理能力はサーバー・クライアントよりも遅く、かつ隠れたコストとして半導体や電力といったリソースを浪費する傾向にある。また、従来的なシステムの上で動く通貨として暗号通貨を用い、それが革新的なのかもわからないまま動き出してしまっているプロジェクトも存在する。これらは、ブロックチェインを信頼する人々であれば誰もが認知している、明らかかつ重要な課題であるが、その問題の根深さ故に一般にあまり深く議論することが避けられているように感じる。これは、ブロックチェイン技術に基づく暗号通貨全体が抱えるジレンマのようなものだ。

イーサリアムのコア開発者であり、共同創業者のVitalik Buterinはこの数ヶ月の間、命題に取り組むために多くの時間を費やしていた。命題とはすなわち、「ブロックチェインの価値とはなにか」だ。

ブロックチェインにキラーアプリはない

ブロックチェインは本当に便利なのか。どのサービスにブロックチェインのようなアーキテクチャが必要なのか。何故、従来のサーバー形式ではなくブロックチェイン上で稼働させる必要があるのか。また、ブロックチェインは絶対に必要なのか。あるいは、あれば便利なだけなのか。そしておそらく、もっとも重要なのは「キラーアプリ」とは何なのかということだ。

Vitalikは決済や金融の知識を持つコア開発者やVC、コミュニティの外部の人々と何度も議論を重ねる中で、この「命題に対するいくつかの解」を得たという。そして、彼がたどり着いた答えのひとつは「皆が待望するブロックチェインのキラーアプリはない」ということである。彼はキラーアプリについて、「容易に解決できる問題を探すようなものだ」と表現し、「仮にブロックチェインのキラーアプリ —これまでの社会のインフラよりも遥かに優れたシステムとしての用途— があるとすれば、既に誰もがそれを認知し、騒ぎ立てているだろう。」と語った。

しかしながら、彼はキラーアプリに最も近かったもの、そして今後キラーアプリに成り得る可能性があるサービスとして、シルクロードやウィキリークスを例に挙げた。これらのサービスは、NSAや政府による監視、検閲、情報操作による束縛とは本来的に影響の範囲外にあるサービスであり、一部の人間にとっては重要なサービスであろう。しかし、これらのサービスはある特定の領域の需要を満たすかもしれないが、全体の需要を満たすサービスではないことに注意しなければならず、このことはまた、新たに複数の仮説を提起している。ひとつは、それらのサービスを利用する人々が毎日使用するほどの需要を刺激するかという点。もうひとつは、あれば便利なサービスとして使用されればいいのかという点だ。

長い時間をかけ徐々に侵食していく

シルクロードは、薬物使用常習者にとっては不可欠なサービスだったが、そうでない人々にとっては必要不可欠ではない。しかしながら、前者の人々はそれがなければ生きていけないと思うほどに、これらの領域は「ニッチな市場」として生き残る可能性があった。ウィキリークスも同じだ。企業や政府の不透明性を糾弾する人々を支援するエコシステムが形成されている。母数は大きくないが、長い時間をかけて徐々に影響を及ぼしていくだろう。

Vitalikはブロックチェインもまた、このように長い時間をかけて社会へと影響力を及ぼしていくものであると考えている。はじめに述べたように、殆どのインターネットアプリケーションの上では、中央集権的なサーバークライアント方式の方が効率が良い。したがって、ブロックチェインは分散的で何でも実現出来ると宣伝する人々に対して「ブロックチェインは使いにくいし、必須ではない」と反論を唱えてしまえば返す言葉もないのは当然だ。殆どのユースケースの場合ブロックチェインは必要なく、従来通りの方法でシステムを構築したほうが便利なのだから。

ゆえに、現在ビットコインの説明として宣伝されている「ブロックチェイン技術」は、より明確にユースケースを絞っていく必要があるとVitalikは述べた。彼はまた、ブロックチェインの説明を再定義するものとして、次の項目を掲げた。

  • 「ブロックチェイン」「お金」「トランザクション」という用語を使用するときは、具体的なユースケースを指定して利用する。
  • コンセンサスアルゴリズム等、ブロックチェインの技術的特性について説明する。(暗号経済:cryptoeconomicが、不可逆なデータベースで構成されることでどのような経済利益をもたらすかなど)
  • なんらかの関数や機能について制限を加える事が出来ることを説明する。

これらの定義を遵守してブロックチェインの技術を説明することで、何故ビットコインの供給量が固定なのか、何故たくさんの暗号通貨が存在できるのか、ブロックチェインを使って何ができるのかを、説明を受けた人々はより想像しやすくなるだろうとVitalikは述べた。暗号経済は実際、極めて大きなポテンシャルを持っている。過去、現在、未来いつまでも、通信手段が存在していればネットワークを恒久的に維持出来るブロックチェイン基盤のシステムという点に関しては、否定的な人々でさえ可能性を認めざるをえないだろう。

ブロックチェインの真価

ベースインフラとしてのブロックチェイン

Vitalikはブロックチェインの最も大きな可能性を持つ領域として、ベースインフラの代替技術となることであるという。ベースインフラは一般的に、3つの特徴を持っていると彼は語る。ひとつめは、他のアプリケーションと密に結合しており、依存関係が強い点。ふたつめは、同じサービスを利用することで、高いネットワーク効果が得られる点。みっつめは、他のサービスに乗り換えるスイッチングコストが高い点だ。

重要なのは、ベースインフラには「重要」や「必要」といった概念がないことだ。すべてはこの上に構築されており、個々人が求める求めないにかかわらず「なくてはならないもの」であるということが最も重要な点である。現在ビットコインのシステムの周辺には、ビットコインのブロックチェインに依存したCounterparty、Counterpartyに依存したトークン群などがあるが、ブロックチェインのシステムは本源的に、他のサービスにまったく依存しないシステムである。イーサリアムの元CEOであるチャールズ・ホスキンソンは以前TEDの場で、公開鍵暗号を利用することで、秘密鍵を自分で所有したまま公開鍵のみを複数のサービスに登録して使用し、プライバシーや資産を独自の管理下に置きながらあらゆるサービスを使用できるだろうと述べている。

ブロックチェインの技術は、このようなセキュリティ環境もユーザーへと提供できる。

アイデンティティの証明手段

インターネット上にあふれている絵、写真、文章、音楽、個人情報などの情報は、その信頼性が担保されているかというと、必ずしも保たれてるとは言えない。いや、保つことが出来ないのだ。これらのデジタルコンテンツ(個人情報もある意味では)は常に改ざんや破壊、複製のリスクに晒されており、コンテンツ製作者の知的財産権を保護することも既存のシステムの上では煩雑で時間の掛かる手順に頼るしかなく、あまり現実的ではない。

Vitalikは、ブロックチェインを使用することでこれらを非常にシンプルに解決可能であると考えており、その技術とプラットフォームの組み合わせによって次のことができるという。

  • 改ざんされないアイデンティティのデータストアとして使用(Factom、Proof of Existenceなど)
  • 改ざんされない評価システムのデータストアとして使用(OpenBazaarなど)
  • アプリケーション間のデータのやり取り(買取業者の支払い能力保証、評価システムの担保など)
  • データを登録し、将来的にデータを別の場所へ移植する

ビットコインはご存知のように、公開鍵と秘密鍵のペアで構成されており、これらは侵害されることがない「ブロックチェイン上の記録の同一性」を確かめる唯一の方法だ。インターネット上の証明システムとして、ブロックチェインほど適している技術は他に存在し得ないだろうし、ブロックチェインの「実用的」なユースケースとしても、これほど適しているものはない。将来、インターネット上の権利がすべてブロックチェイン上に記録されたとしても驚くべきことではない。現在ブロックチェインを用いたプロジェクトで有望視されている領域は、ほとんどがこの領域である。

コストと実用性

さて、ブロックチェイン技術の最大の価値がロングテールにあるとすれば、それは次の結論に達する。それは、ブロックチェインを利用することによるトランザクション毎の利益は極めて少ないということだ。したがって、コンセンサスアルゴリズムのコストを削減し、ブロックチェインのスケーラビリティを拡大させることが最重要の課題となる。通常、殆どの集中型サービスのトランザクションコストはゼロだ。ウィキリークスの誰かに支援するために5ドルの仲介手数料を支払うことは厭わないかもしれないが、イイね!をするたびに0.0005ドルを支払うことは嫌がるかもしれない。

ブロックチェインの問題、よりクリティカルにいえば、ビットコインの問題とはすなわちPoWのコストと取引の処理能力に帰結する。イーサリアムはPoW+PoSのハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズム「Hashimoto + dagger」を採用している。パフォーマンスとしては、12秒に一回承認作業を行うようになっているため、ビットコインと比較すると1200倍の早さで処理することができる。VitalikはPoSのコンセンサスモデルなど、長期的に見てコストを抑えることができ、大量のトランザクションを処理できる便利なブロックチェインが必須だとし、「このような論点は開発者が暗号経済についての本質を学ぶ重要な経験へと繋がるだろう」と述べた。

イーサリアムは昨年8月にクラウドセールを行い、2014年Q4から2015年Q1の間にリリース可能であるとしたが、今のところ大きくスケジュールに遅れが出ている。しかしながらVitalikが言うように、ブロックチェインのもたらしたものは、非常に長い時間をかけて社会のエコシステムに影響を与える緩やかな革命だ。このプロジェクトが完成するまでには多くの反発もあるだろうし、規制によって足止めされることもあることだろう。しかしながら、彼らが提案する未来は普遍的なニーズを満たす重要なインフラを構築し、まったく新しい価値を生み出してくれることだろう。

ブロックチェインは数ある技術のうちのひとつだ。ブロックチェインの最も重要な発展は、評価システムや分散ハッシュテーブル、P2Pハイパーメディアプラットフォーム、分散メッセージプロトコル、予測市場、ゼロ知識証明、そして未知の技術などを組み合わせることで、初めて達成することができるだろう。


参考:Blog – The value of blockchani tachnology

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36