LINEで送る
Pocket

xapo-announce-epic-advisory-board
ビットコインの販売・金庫サービスを提供するXapoは、シティグループ元CEOジョン・リード氏、ビザ創業者であるディー・ホック氏、元米財務長官のローレンス・H・サマーズ氏を顧問に迎え入れたことを発表した。

サマーズ氏は、ビル・クリントン政権下で財務長官を務めていた人物で、声明の中では価値を直接やりとりできるビットコインのネットワークを強く賞賛した。

「我々はこれまで、お金を送金するには銀行やクリアリングハウス、決済ネットワークなどの第三者に依存する必要がありました。ビットコインは、そのような仲介を一切必要としません。つまり、我々が普段テキストメッセージを送りあっているようにお金も送りあえるということであり、これには、数十億人が使う充分な動機があります。」

また、ビザの創業者であるディー・ホック氏は「ビットコインは決済だけでなくガバナンスの未来すら提起している」とし、時代遅れの社会構造に手を加える必要性を説いた。同氏は現在の組織構造を「16世紀から変わらない時代遅れのシステム」だと主張し、ビットコインのような分散的なシステムは、透明性が高く、効率的な金融取引を実現し、組織改革をもたらすと述べた。

シティグループの元CEOであるジョン・リード氏は、今ならどこにいても見ることの出来るATMの原型を作り、金融サービスのデジタル化に大きく貢献した人物だ。しかし、その張本人ですら今の金融システムにはたくさんの無駄があると指摘する。声明で彼は次のように述べた。

「金融サービスはデジタル化によって再定義されたが、なおも大部分は手付かずのまま残されている。債務を完璧に追跡できるビットコインの台帳は、今まで見てきたあらゆる台帳よりも優れており、前時代的な金融サービスを刷新するチャンスを提起している。」

リード氏はまた、ビットコインの持つ基盤的な概念が通貨に与える影響は大きく、金融史上の変革が見られる可能性があると述べた。

「ビットコインの持つたった2つの事実、すなわち、2100万枚以上存在しえず、1枚が1億に分割できるという概念は、通貨のあるべき姿を改めて考えなおし、抜本的に改善できる歴史的な機会となるでしょう。」


Xapo – ANNOUNCING XAPO’S ADVISORY BOARD

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36