2018.08.01 (Wed) news

ユーザーのコンピューターを利用しマイニングを行うPCゲームが発見される

Written by 真田雅幸

ユーザーのパソコンを無断で使用し仮想通貨のマイニングを行うプログラムが仕込まれたゲーム「Abstracticism」が発見された。Abstracticismは、ゲームのダウンロード販売などを行うSteamで購入することができた。同ゲームはすでにSteamのプラットフォームから削除されている。

Abstracticismには「Cryptojack」と呼ばれる、マイニング用プログラムが仕込まれていた。Cryptojackが起動していたコンピューターは、仮想通貨モネロのマイニングを行っていた。

Abstracticismは5月にリリースされ、最低でも6000ユーザーがダウンロードしている。同ゲームの開発元Okalo Unionは、マイニング用プログラムを仕込んだことを否定している。SteamはOkalo Unionが同社のプラットフォーム上でゲームをリリースすることを禁止した。

マイニングは大量のCPUやGPUリソースを消費するため、Abstracticismを起動していたユーザーが自身のコンピューターの異変に気づきCryptojackの存在が発覚した。

Cryptojackのようなゲーマーのコンピューターリソースを狙ったプログラムは増えており、最近では人気オンラインゲーム「Fortnite」でオートエイムができるチートプログラムにもマイニング用プログラムが仕込まれていた事象などが報告されている。また、JavaScriptを仕込み訪れたユーザーのコンピューターを使いマイニングを行うウェブサイトも存在する。

Cryptojckのようなプログラムは、ユーザーに断りなくコンピューターを使用したため問題になった。しかし販売元がマイニングすることをユーザーに対し事前に通知し、了承を得ていたら問題にはならなかったのではないだろうか。

販売元がゲームを無料で配布する代わりにユーザーのコンピューターを借りマイニングを行うことで、利益を得るスキームは新たなビジネスモデルになる可能性はある。このビジネスモデルだとユーザーには、ほぼ無料で新作ゲームのお試しプレイができるといったメリットもある。


Motherboard


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。