2018.11.29 (Thu) news

アマゾン、プライベート型ブロックチェーンを構築できる「Amazon Quantum Ledger Database 」を発表

Written by 真田雅幸

アマゾンはクラウド上でブロックチェーンを構築することができる新サービス「Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)」を発表した。従来のパブリック型のブロックチェーンとは異なり、トランザクションの承認スピードが早く、優れたスケーラビリティを有している。

QLDBは代表者が台帳を管理するデータベースで、ネットワークの参加者と台帳データを共有できる。従来のブロックチェーンと同様に、台帳に記録されたデータは基本的に取り消しや修正ができない。またすべての履歴データが閲覧できる仕様になっている。

QLDBには暗号化技術が使われており、不正データの有無を検証することも可能だ。QLDBはサーバーレスであるため、構築したアプリケーションの需要拡大とともにスケールアップすることができる。開発者は使用リソース量に応じた料金のみ請求される。

アマゾンは「Amazon Managed Blockchain」という新たなサービスも同時に発表している。Amazon Managed Blockchainは、QLDB上で構築されたブロックチェーンの管理ツールだ。

Amazon Managed Blockchainは、ブロックチェーンのトランザクションの監視、新たな参加者への招待、メモリーやストレージの利用リソース状況などを確認する際に便利なツールだ。

ビットコインやイーサリアムのようなパブリック型のブロックチェーンは、ノードがランダムに分散しているため、トランザクションの承認に時間がかかりスケーラビリティに問題を抱えている。一方、利便性を犠牲にする代わりに中央の管理者や政府の検閲への耐性を持っている。

QLDBを利用しブロックチェーンを構築する場合、管理者はもちろん、アマゾンからの検閲も受ける可能性がある。また、アマゾンへの支払いが滞れば構築したブロックチェーンはシャットダウンさせられる。

現在ブロックチェーン技術に注目が集まり、多くのプロジェクトがブロックチェーン上でアプリケーションを構築しようとしている。しかし多くのプロジェクトはパブリック型のブロックチェーンを必要としておらず、利便性の高いQLDBを活用する方が良いと考えられる。

サプライチェーンデータ、個人の医療情報、不動産や自動車の登録情報などのデータは、元々企業や政府が管理しているためパブリック型のブロックチェーン上にアプリケーションを走らせる意義がほとんどない。アプリケーションの利便性が低下するだけだ。

一方、イーサリアム上の予測市場プラットフォームのオーガーは、あらゆるものを使って予測市場を作り出しユーザーが賭け事を行うことができる。世界には賭け事を禁止している国もあるため政府の検閲を受ける可能性が高い。そのためオーガーのようなサービスはパブリック型のブロックチェーン上にアプリケーションを走らせる意義がある。

今後はアプリケーションの内容に応じて、パブリック型のブロックチェーンとALDBのようなプライベート型のブロックチェーンが使い分けられていくことになる。パブリック型のブロックチェーンにとっては、適材的でないアプリケーションがプライベート型のブロックチェーンへ移行するため、ネットワークへの負担が減るなどのポジティブな影響もあるだろう。


Amazon
Techcrunch


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。