2018.07.04 (Wed) news

Blockstream、資産のトークン化技術「IA」を発表

Written by 真田雅幸

ビットコインのブロックチェーンを開発するBlockstreamは、資産にペッグしたトークンをサイドチェーン上に発行できるIA(イシュード・アセット)のリリースを発表した。Blockstreamが独自開発を進めるサイドチェーンLiquidが活用される。

IAは、法定通貨、アルトコイン、金などのあらゆる資産をトークン化することができる。Liquidのユーザーは、IAトークンを第三者機関を介さず送受信することでカウンターパーティリスクを軽減させる。トークンは裏付けとなる資産と交換された時点で消滅する。

また、取引参加者のみに情報が公開されるプライベート取引(Confidential Transactions )も行うことができる。Confidential Transactionsでは、通常のビットコインの取引とは異なり、取引された資産の種類や数量が非公開となる。

今年5月にニューヨークで行われたConsensus2018でBlockstreamは、IAを実際に使ったデモンストレーションを行っており、ステッカー、Tシャツ、パーカーに紐付いたトークンを来場者に配っている。

BlockstreamはLiquidのアドバンテージとして、最もセキュアなビットコインのブロックチェーンを使っていることや、2分以内に取引が完了する決済の速さなどをポイントとして挙げている。

サイドチェーンでは、ビットコインを特定のアドレスに凍結することで新たなトークンを発行し活用する。サイドチェーン上に発行されたトークンはいつでもビットコインに変換することができる。Liquidのようなサイドチェーンを活用する利点として、ビットコインのブロックチェーンの外で取引が行われるため、決済時間を短縮するなどの新たな取引ルールを新設することが可能となる。

Blockstreamの公式ブログによると、Liquidは今後数週間以内にローンチされる予定だ。

アルトコインをトークン化したIAとビットコインを交換することで、取引所などの第三者機関を介さず仮想通貨ペアの取引を行う応用なども想定されている。


Blockstream Blog


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!