2018.03.22 (Thu) news

Twitter ジャック・ドーシーCEO、「ビットコインは世界で唯一の通貨になる」

Written by 真田雅幸

Twitterのジャック・ドーシー最高経営者(CEO)は「ビットコインが10年後には世界で唯一の通貨になるだろう」と述べた。同氏はビットコインに使われているブロックチェーンやライトニングネットワークなどの技術には将来性があり、本物であると考えている。

ドーシー氏は、モバイルペイメントサービスを提供するSquareのCEOでもある。Squareのモバイルアプリ「Cash App」では、ビットコインを購入することもできる。

個人的にもビットコインへ投資していることをドーシー氏は認めている。またビットコインが、米ドルの国際的な決済手段としての地位を脅かす存在になると予想している。

「最終的に世界は一つの通貨を共有することになるだろう。インターネット上の通貨はひとつになる。私はそれがビットコインだと考えている」

ビットコインの未来が明るいと考えている一方、ビットコインのネットワークがスケーリング問題を抱えていることをドーシー氏は認識している。ブロックチェーンを使った取引は、既存の金融システムと比べると遅くコストが高くなる場合がある。

スケーリング問題を解決するための技術「ライニングネットワーク」を開発するスタートアップ Lightning Labs にもドーシー氏は出資している。Lightning Labsは今月、2億6000万円の資金調達に成功したことを報告。Lightning Labsには、Paypalのデイビット・サックス最高執行責任者(COO)や、TeslaとSpaceXのエンジェル投資家であるビル・リー氏なども資金提供を行っている。

Lightning Labsは、ライトニングネットワークの実装である「LND」のベータ版を先週リリースした。新たにリリースされたLNDは、ビットコインのメインネットで動かすことができ実際の送金がすでに可能だ。


The Times


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!