2018.10.15 (Mon) news

Coinbase、仮想通貨インデックス・ファンドの提供を停止

Written by 真田雅幸

米仮想通貨取引所Coinbaseが機関投資家向けに開発したインデックス・ファンド「Coinbase Index」の販売を取りやめることを決めた。今年の3月に発表されたCoinbase Indexだが、投資家からの需要を上手く取り込むことができなかった。

Coinbase Indexは、Coinbaseが取り扱う複数の仮想通貨の価格を元に構成されていた。ビットコインが77.4%、イーサリアムが14.2%、ビットコインキャッシュが5.4%、ライトコインが2.1%、イーサリアム・クラシックが0.7%の割合でインデックス価格が形成されていた。

Coinbaseのインデックス・ファンドが機関投資家の興味を引くことができなかった背景には、市場の停滞がある。ビットコインは年初から価格が約60%下落している。Coinmarketcapによると、15日の仮想通貨市場全体の日次取引高は今年最低となる97億ドルを記録している。

Coinbaseの関係者によると、Coinbase Indexには最低限のクライアントの数と十分な資金が集まらなかった。Coinbaseは、機関投資家向けの金融商品の提供を諦め個人投資家向けのサービスに力を入れていくとしている。

Coinbaseはインデックス・ファンドの代わりに、Coinbase Bundlesと名付けられた個人投資家向けサービスに重点を置くことを決めた。Coinbase Bundlesは1クリックで複数の仮想通貨を同時に購入できるサービスで、主に仮想通貨を購入したことがないユーザーをターゲットにしている。

Coinbase Bundleは、25ドルから利用することができビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を同時購入することができる。同様のサービスは、仮想通貨取引所Poloniexの親会社であるCircleも行っている。Circleは、11種類の仮想通貨に同時に投資することができる「Circle Invest」をユーザーに提供している。

今回のCoinbaseのインデックス・ファンドの提供停止は、仮想通貨市場に対する機関投資家からの需要が少ないことを示唆している。また、Coinbaseのアクティブユーザーは、年初から比べ80%減少しているとのデータもある。業界内のトップ企業のひとつであるCoinbaseの苦戦は、仮想通貨市場の停滞を映している。


The Block


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。