2017.12.13 (Wed) interview

「ビットコインは教訓を得て前進していく」Blockstreamに聞く<インタビューVol.1>

CBOE先物取引所やCMEへのビットコイン先物上場が話題にあがり、その値上がりはさまざまなビットコインのフォークコインが生まれようとする中でも急激に勢いを増した。BTCNは、11月に来日していたBlockstreamのAdam Back氏、Samson Mow氏、Warren Togami氏へのインタビューを実施。3年に渡る議論が終わりを迎えたとされながらも、次々に新しいリスクに晒されるビットコインのエコシステムのあるべき姿と今後の課題について、ビットコインの最前線をひた走る3人に聞いた。(取材日時は11月14日)

尚、本インタビューではあくまでも各個人の見解にフォーカスしてフラットな意見を語ってもらった。ここで述べられている内容がBlockstreamを代表するものではないことに注意して読んで欲しい。Blockstreamはコア派、スモールブロック派としてセグメントされることがあり、コア開発者が多く在籍。その殆どがSegWit2X HFに反対していた。

ハッシュレートの大移動から見えたこと

――Bitcoin Cashが急騰し、一時的にハッシュレートがビットコインを超えました。

Samson Mow(以下、SM): 先週末の出来事は、良い意味での教訓になったと思います。というのも、マイナーが純粋に経済的利益にもとづいて動いているということがわかったからです。しかし、結果はビットコインキャッシュのマイニング収益率がビットコインを下回った瞬間に元通り。ハッシュレートは純粋に市場原理に基づき動いているだけだという確認が取れたのです。

みなが懸念していたのは、大多数のマイナーが経済合理性を無視してハッシュレートを動かす、ということでした。信念のもとに動いていた場合は非常に厄介なことになっていたと思います。しかし、今回はビットコインキャッシュのマイニング難易度の上昇と同時にハッシュレートがまたビットコインに移動してきました。

――経済合理性に基いてマイナーが動いたことの確認がとれたと。

SM: はい、良いレッスンになったと考えています。ポジティブに受け止めてもいいのではないでしょうか。

そして別の視点からみると、ハッシュレートの大移動は、企業のCEOなどがいう「最も長いブロックチェーンがビットコインだ」、あるいは「最もハッシュレートが大きなチェーンがビットコインだ」という考えが明らかに誤りであることを裏付ける結果ともなっています。最もハッシュレートが大きくても、それが必ずしもビットコインではありません。

――米Coinbaseは2Xハードフォークに対してそのような声明を発していましたね。

SM: ビットコインとは何かを定義する「コンセンサスルール」は、非常に重要な意義をもちます。しかしながら、理解することが非常に難しい部分でもあります。分岐の問題に突き当たるまで、我々は「ビットコインとは何か」ということを真剣に考えたことはなかったのですから。

結局のところ、多くの企業は提供するプロダクトの価値をユーザーに示すため、理解がより簡単な定義を試みています。この過程は、ビットコインの成長にとっても価値のあるものだと考えています。

ビットコインをどう定義するか?

――ビットコインをどのように定義すべきでしょうか。

Adam Back(以下、AB): Chaincode Labsの共同創業者でアレックス・マーカスという人がいます。私は彼と議論し、彼は次のようにビットコインを定義しました。

「もしあなたが〝ビットコイン〟を支払った時、受け取った人が〝これはビットコインではない〟と怒るのならば、それはビットコインではありません。コーヒーをビットコインで売っている人にビットコインで支払う時、その人の支払うビットコインが支払い手段として受け付けているビットコインと同じものならば、それはビットコインです。」

つまり、受け取る人が「ビットコイン」を決めるということですね。

SM: そもそも、ビットコインの根底にある「コンセンサス・ルール」があまり理解されないままビットコインの定義が行われてしまうのは、あらゆるユーザーや企業にとっても問題だと思います。

ビットコインは皆がそのルールにしたがって動いています。ある人が勝手にルールを定義することはできないのです。皆が同じルールを共有し、「あなたはこのルールにしたがっていて、私もそのルールにしたがいます」というように、当事者間のコンセンサスが取れていなければビットコインは動きません。

その意味では、誰もが納得する「ビットコイン」の定義はふわふわしているとも言えますね。もし新しいコインが分岐して生まれると、そこに2つの定義が存在することになるからです。「同じルールを参照しているか」「どのルールを参照しているか」、そして「そのルールを検証しているか」。この3点が揃ってはじめてビットコインとは何か、ということを論じることができるのではないでしょうか。今は初期の段階です。今後少しずつ、世界共通の理解が深まり、共有されていくと思いますよ。

ハッシュレートの大きさは仮想通貨の本質とは無関係

――Segwit2X(S2X)を巡っての、これまでの「ハッシュレートが一番大きいチェーンがビットコインである」という定義については、どのような感想を抱いているのでしょうか。

AB: とても混乱を招きそうだと感じました。私がまず懸念したのは、ビットコインの経済圏に対しての理解が深まる前に、ETF(上場投資信託)などの金融商品が生まれようとしていることです。ETFを購入する人びとは、実際にビットコインを保有しないため、ビットコインのプロトコルがどのように動いているのか知らずに投資することができます。(※ETFは株式指数などに連動する金融商品のこと)

この定義の上では、ビットコインはハッシュレートの移動によって簡単に別のコインに切り替わることになります。こうした動きが、金融商品の価格操作や原資産の本質的変更など危険なインセンティブを生み出すことは明白です。

そして、こうした定義を行う人びとは、ビットコインがどのようにして動くかについて誤解をしているようです。ビットコインにおいて、ユーザーはビットコインを受け取るウォレットを持っています。そしてマイナーの仕事はといえば、基本的に何を採掘してもいいわけです。たとえば「猫の絵」を採掘してもいいし、「ドージコイン」や「ネームコイン」を採掘してもいい。ですがビットコインの価値を掘りたければ、ビットコインのルールにしたがって掘るしかありません。「ユーザーが受け取りたいと思うビットコイン」をです。

さらに仮説として、経済学的なセオリーから、マイニングによる通貨発行のコストがその価値に反映される、という主張があります。これも誤りだと私は考えています。そのコスト自体は、なんら価値を持たないというセオリーもまた展開することができるからです。

要するに、ユーザーのソフトウェアと異なるソフトウェアを動かすマイナーの消費したコストが、その別のソフトウェアによって掘られたコインの価値になると本当に言えるか、ということです。ユーザーのソフトウェアは自動的に、何もせずともマイナーの仕事やコストを無視することでしょう。このコストが、ユーザーが使用するソフトウェアのコインの価値に反映されるはずがありませんよね?

過去の教訓から学ぶべきだ

SM: Segwit2xの話に戻りますが、ビットコイン全体を巻き込んだこの一連のレッスン、グループ学習は、同じ過ちを繰り返さないための教訓になったのではないでしょうか。ひとつは、ハッシュレートはマイニングの期待収益にもとづいて動くということ。そして、Segwit2xのようなハードフォークを成功させることが困難であり、混乱を生じさせるだけで、双方にとってメリットがないこと。

これらの教訓はしかと胸に刻み込み、私たちはここから学び、未来のビットコインの成功のための糧とすべきなのではないでしょうか。

AB: 人によっては、マイニングのハッシュレートが流動的に別々のコインに動くのは目新しく感じたかもしれませんね。しかしこうしてマイニングするコインを切り替えること自体は、何も新しいことではありません。

昔から「マルチプール」という形で、同じマイニングアルゴリズムを採用するコインの間で、最も収益率の高いコインを採掘するマイニングプールは存在していたからです。マイナーはMinergateなどに一度接続すれば、マルチプールが自動的に「コインの価格」と「採掘難易度」から、採掘効率のいいコインに切り替えてくれます。とても便利な機能です。

――マルチプールはマイナーにとって便利な一方、ハッシュレートの不安定化など厄介な問題も引き起こします。

Warren Togami(以下、WT): ビットコインキャッシュにせよSegwit2xハードフォークにせよ本来は過去のScryptアルゴリズムを採用したアルトコインの末路も教訓にすべきだったと思います。

ライトコインがScryptを採用し、その後同じアルゴリズムを採用したアルトコインは、マルチプールによってハッシュレートが著しく不安定になりました。1ブロックごとに難易度を調整しても同じことです。その場合は1ブロックごとの難易度を見てマルチプールがマイニングの期待利益を計算するからです。これはビットコインキャッシュとビットコインの間でも起きていることです。

もうひとつの問題は、ビットコインキャッシュがビットコインよりも開発者の数が少ないことです。ハードフォークはコードの入念なピアレビューがなければネットワーク全体がめちゃくちゃに破壊されてしまうような問題が起こります。

イーサリアムはハードフォークをロードマップどおりに実行しようとするあまり、しばしば問題を起こしてパッチを当てたりしていますね。これは、そのような開発手法を採用し、前進することを是としたイーサリアムの利点でもあります。ビットコインキャッシュは、その意味でイーサリアムと同様の開発手法を採択した、と言えるでしょう。

続く

<インタビュー>ジョナサン・アンダーウッド
<企画・編集>山崎大輔


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。