2017.10.25 (Wed) news

スティーブ・ウォズニアック「ビットコインはドルや金より優れている」

Written by 真田雅幸
inUse Experience

inUse Experience

アップルの共同創業者の一人スティーブ・ウォズニアック氏は今月22日、カンファレンス・イベント「Money20/20」に出席し、「ビットコインはドルや金より安定している」との見解を示した。Money20/20は金融やビジネスについてのディスカッションや、ネットワーキングなどを主な目的として、世界各地で開催されるイベントだ。現在、アメリカのラスベガスで22日から25日までの4日間にわたり開催されている。

ウォズニアック氏は、ビットコインが優れている点として、供給量が21千万コインに制限されていることを挙げている。供給量の絶対数が決まっていることで、通貨の価値の安定に繋がる。一方、政府が発行する通貨にはその安定性がないとみているようだ。ドルは経済的、政治的な理由から大量に刷られ供給量に制限がないため、「本物の通貨ではない」とウォズニアック氏は表現した。

また、金も同様に供給量が決まっていないとウォズニアック氏は語った。金は地球の天然資源であり、供給量が将来的に枯渇するとされているが、技術の進歩により採掘効率が上がり、昔より多くの金を採掘できるようになっているとウォズニアック氏は指摘する。同氏は、金は物理的に供給量の制限が決まっているが、技術革新によって金の供給量が増加すると考えているようだ。

数学者とエンジニアとしてのバックグラウンドを持つウォズニアック氏にとっては、数学とコンピュータ・サイエンスによって、供給量が決められているビットコインの方が理解しやすい面もあるようだ。ビットコインには多くの数学的に裏付けられた暗号技術が複数使われており、そのような点でビットコインを評価しているのかもしれない。

さらにウォズニアック氏は、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどをベースとしたソフトウェアの将来についても、明るいとの見方であるようだ。ビットコインのブロックチェーンは厳密には匿名ではないため、より透明性の高い送金システムや契約システムが構築されると同氏は予想する。

ウォズニアック氏は、「本当のイノベーションとは人々の生活を簡素化し向上させるものだ」としている。多くの人々の生活に影響を与える、イノベーティブな製品を世に送り出し続けてきたアップル創業者の言葉は重く響く。ビットコインのような仮想通貨やブロックチェーンは未だ発展途上だが、多くの新しいアイディアが次々と生まれてきてる。その中から人々の生活の向上に寄与するプロダクト「本当のイノベーション」が生まれることを期待したい。


参考元
BitcoinMagazine


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。