2018.10.16 (Tue) news

週間ビットコイン相場 2018/10/16 遂に動き出したビットコイン、ボラティリティが戻る

Written by 真田雅幸

相場

ビットコインの価格は、先週の1BTC=74.7万円から2.6%下落し1BTC=72.7万円で推移しています。20日間ほど続いたレンジ相場を抜け高いボラティリティが戻ってきています。それでは今週のビットコイン相場を振り返ります。

BitbankのBTC/JPY 日足チャート

下落から急騰、相場にボラティリティが戻る

ビットコインはレンジ相場を下方ブレイクし価格を大きく下げました。一時は70万円を割り込み69万円まで下落しました。ブレイクした11日は約6%の値動きがありました。

レンジ相場を下方ブレイクしたため、短中期の下落トレンドに入ると思われたビットコインはその後急騰しました。大きな下落からの急騰でボラティリティも高まり、短期トレーダーにとっては好ましい相場環境でした。

価格が上昇している一方、現在の相場が強気かというと疑問符が付きます。移動平均線(MA)は上から赤線の200MA、緑線の60MA、黃線の30MAと順に並んでいます。その一番下の30MAのさらに下で価格は推移しています。これは強い弱気を示すチャートです。

現在の価格は、30MAと60MAの真下で推移しており、さらにレンジ相場を下方ブレイクした場所でもあるため売りが強く意識される価格帯に位置しています。

テザー価格の急落によりビットコイン価格が高騰

ドルにペッグして発行されるテザーの急落によりビットコインの価格が高騰しました。テザーは一時0.85ドルまで下落し、1ドルとされる定価から約15%も安値を付けました。

KrakenのUSDテザー/USD 4時間足チャート

今朝になり価格は一時1ドルまで回復するも、その後再び下落し現在は0.95ドルで推移しています。 テザーを取り扱う仮想通貨取引所Bitfinexは11日、ドルなどの法定通貨の引き出しを一時的に停止しており、これがテザーの下落要因となりました。

BitfinexのBTC/USD 4時間足チャート

出金サービスが停止されたこともあり、取引所間の価格差を埋めるアービトラージ取引が減少しBitfinexのビットコイン価格が他取引所に比べ高値で推移しています。

現在、Bitfinexではビットコインが6729ドル、Binanceでは6588USDテザー、Poloniexでは6585USDテザー、Krakenでは6418ドル、Geminiでは6420ドルでそれぞれ取引されています。

傾向としては、USDテザーで取引されているBinanceとPoloniexの価格は、ドルで取引されているKrakenとGeminiより160ドルほど高値で推移しています。

Bitfinexは昨日声明を発表し、USDテザーは取引ペアとして使用しておらず、取引所間の送受信のツールとしてのみ使用していることを改めて強調しています。

通常であれば、ユーザーは1ドル以下で取引されているテザーを購入しBitfinexで換金することで利益を得ることができます。そのため、テザーは今回のように価格が大きく下落することはありませんでした。

しかし現在は、出金サービスが停止されたことでテザーの換金手段がなく、1ドル以下の安値でもテザーを売却したいというユーザーが多く市場には存在します。Bitfinexの出金サービスが再開されるまで、テザーの取引価格は不安定になるため、今後も市場が混乱させられることが予想されます。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。