2018.06.14 (Thu) news

テザーがビットコインの価格に大きな影響を与えていた

Written by 真田雅幸

米テキサス州立大学のJohn M. Griffin教授とAmin Shams教授はテザーがビットコインの価格に大きな影響を与えているとの研究結果を公表した。テザーの発行の量やタイミングとトランザクションを価格と比較し、その関連性について分析した。

Griffin教授とShams教授はテザーの発行プロセスに着目して調査を行った。ビットコインやテザーのブロックチェーンを分析し、価格データと照らし合わせている。CoinAPI, Coinmarketcap.com、Blockchain.info、Omniexplorer.info、 Coin Deskから提供されるデータをもとに分析は行われた。

調査によって、テザーはBitfinexで発行された後、その他の仮想通貨取引所に送金されていることがわかった。Bitfinexからのテザーの送金が最も多かった取引所はPoloniexとBittrexだ。

テザーは米ドルにペッグして発行される仮想通貨だが、今回の調査ではビットコインの価格が下落するタイミングでより多くのテザーが発行されていたことが判明している。データ分析の結果、テザーの発行量やそのタイミングは、投資家による実際の需要に即していない可能性が高いと両教授は指摘する。

両教授は、テザーの発行者は価格が下落しているタイミングでテザーを発行し、価格の下落を下支えし、価格が上昇した時にビットコインを売却しドルに変換していた可能性があるとの見解を示した。

テザーの発行プロセスの正当性は、以前より多くの市場関係者によって疑問視されてきた。現在はアメリカの当局が捜査を行っているが、真相解明まではまだ時間がかかりそうだ。

今回のリサーチペーパーにはビットコインが誕生した理由として、2008-2009年に起きた金融危機が発端となっていることや、経済に対する強すぎる政府の介入や大手銀行への不信感が広がっていることが挙げられている。

ビットコインは分散型台帳技術により第三者機関を介さず取引ができるシステムを構築するために開発されたが、多くの取引は仮想通貨取引所で行われ、取引所は規制当局により監視されている。そのため両教授は、趣旨であったシステムと現状のシステムの間に矛盾点があると指摘している。また規制されていない取引所の存在や国際送金の簡易さが、不正な価格操作を許し市場の不安定化を招いている要因でもあると結論づけた。


Is Bitcoin Really Un-Tethered?


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。