2019.04.23 (Tue) market

週間ビットコイン相場 2019/4/23 ビットコインが間近高値を更新、60万円台を回復

Written by 真田雅幸

ビットコインの価格は、先週の56.5万円から8.7%上昇し61.9万円で推移しています。それでは今週のビットコイン相場を振り返ります。

Bitbank,BTC/JPY週足チャート

ビットコインは年初来高値を更新、60万円台へ

ビットコインの価格は年初来高値を更新し61.9万円で推移しています。先週の週足の終値は55EMA(緑線)を超えることができなかったものの、今週はこれを上抜けして始まっています。今週の週足の終値で55EMAを超えることができるかに注目が集まります。

強気な価格推移が続く一方で、65.5万円より上は大きな売りが予想されるレジスタンスが待ち構えています。このレジスタンスは2018年に約9ヶ月間サポートとして機能していた価格帯です。現在はレジスタンスへと変わっており、一度でブレイクできる可能性は非常に低いでしょう。

Bitbank,BTC/JPY日足チャート

日足チャートを見ると、価格とRSIでダイバージェンスが発生していることがわかります。価格推移は非常に強気であるものの、突っ込んだ位置でのロングはリスクが高いことを示唆しています。

Bitbank,BTC/JPY4時間足チャート

4時間足では、終値が60万円を超えた今朝の1時のローソク足が、レジスタンスのブレイクシグナルでした。次の価格調整の際にこのラインがサポートとして機能するようであれば、さらに上値を追う動きになるでしょう。

ビットコインのドミナンスが上昇、アルトコインから資金が流出か

今月に入り暗号通貨市場におけるビットコインのドミナンスが上昇しています。1日に52.7%だったドミナンスは現在55.8%まで上昇しています。

ビットコインドミナンス,日足チャート

ドミナンスチャートは三角保ち合いの上辺付近で推移しています。前回高値の56.5%を超えることができればさらに上昇することが予想されます。

ビットコインのドミナンスの上昇はアルトコインから資金が流出していることを示唆しているため、上昇トレンドが今後も継続するようであればアルトコインの今後の上値余地は限定的だと考えられます。

アルトコイン時価総額,日足チャート

ビットコインを除いたアルトコインの時価総額チャートを見ると、すべての移動平均線の上でローソク足が推移しており依然として強気の値動きとなっています。前回の高値を更新できるか否かが重要なポイントです。ボリンジャーバンドは徐々に収縮してきており、今後大きな動きがあることを示唆しています。

USDTドミナンス,日足チャート

USDTのドミナンスチャートを見ると、21EMA(黄線)と55EMA(緑線)がゴールデンクロス間近です。このまま55EMAの上位でローソク足が推移した場合、今週中にゴールデンクロスするでしょう。

USDTのドミナンスの上昇は市場のリスクオフを意味します。また暗号通貨市場で最もボラティリティが低いビットコインのドミナンスの上昇もリスクオフを示唆します。市場の温度感を計るための指標として、ビットコインとUSDTのドミナンスの推移には注目です。


免責: BTCNは仮想通貨・ブロックチェーン情報の提供を目的としており、投資の勧誘を行うものではありません。また、BTCNおよびビットバンク株式会社はBTCNで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の判断や意思決定に関しては、BTCNの各利用者ご自身の責任において行って下さい。
情報開示: BTCNは、仮想通貨取引所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社が運営しています。

無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。