2017.11.02 (Thu) news

サトシラボが新型ハードウェアウォレット「TREZOR T」の予約販売を開始 NEMなど7種の仮想通貨に対応

trezor-t2

ハードウェアウォレット「Trezor」を開発するSatoshiLabsが、新型のモデル「TREZOR model T」を11月1日に発表。予約の受け付けを開始した。

本日のリリースとなったのは全くの偶然ですが、TREZOR Tの発表は、奇しくもサトシ・ナカモトがBitcoinのホワイトペーパーを9年前に公開した日と重なりました。この機会を記念し、私たちは新型の「TREZOR model T」の限定予約販売を開始します!

TREZOR Tは、旧来のフォルムを受け継ぎながら、1年かけて開発が進められてきたマルチカレンシー対応のハードウェアウォレットだ。新しいTREZOR Tは、旧型と異なりボタンが廃され、タッチスクリーンですべての操作を行うことが可能となった。公式声明によれば、TREZOR Tはファームウェアも一新され、「TREZOR Core」と呼ばれる拡張性のあるオープンソースのソフトウェアで動くとのこと。すでに旧モデルでもUSB型のセキュリティキーとして使うことのできるU2Fなどに対応していたが、TREZOR Tでは新たにデータの暗号化を目的とした物理的なマイクロSDカードスロットを備えたことで、あらゆるインテグレーションにも対応できるようになったとのことだ。

ウォレットの復元パスフレーズは、初期に生成された12単語を保存しておけば、別のウォレットへの移行や、故障時のデバイス移行も心配ない。これはHDウォレット(BIP32/39/44)に対応しているからで、従来のウォレットを踏襲しておりユーザーとしては安心できる機能だ。PCとの接続には、micro USBではなくUSB Type-Cを採用した。サポートする仮想通貨の種類は、Bitcoin、Litecoin、Ethereum、Dash、Ethereum Classic、Zcash、NEMの7種類となる。

TREZOR Tの発送は2018年1月以降に行われる予定で、限定予約は既に2ndバッチまで完売している。現在は3rdバッチで、139ユーロで予約が可能だ。


TREZOR model T
TREZOR blog


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!