2018.02.02 (Fri) news

ベネズエラ、国家ICOのホワイトペーパーを公表

Written by 真田雅幸

ベネズエラは自国の石油資源を担保にして発行される仮想通貨「ペトロ」のホワイトペーパーを公表した。ペトロはイーサーリアムのブロックチェーン上で発行され、時価総額50億ドル(約5500億円)相当のトークンとなる予定だ。トークンのプリセールは2月20日に開始され、3840万ペトロが発行される。 

天然資源である原油に担保されたペトロは、自国の経済に安定と独立性をもたらすとベネズエラ政府は考えている。ペトロは1980年代後半まで主流だった金で通貨の単位を表す通貨制度「金本位制」を彷彿とさせる。一方、ペトロは金ではなく原油によって価値が担保される点が異なる。ペトロは本当の意味でのオイルマネーと呼べるかもしれない。

ペトロは、ベネズエラでの税金の支払い、公共サービス支払い、オンライン取引などに使用可能だ。さらに石油資源に担保されているため、ペトロの価格は理論上市場の原油価格と連動して推移するため、ベネズエラ国外に住む人は投機商品として利用することもできる。原油への投資は機関投資家などが行うのが一般的だが、ペトロはビットコインのような仮想通貨と交換できるようになるため、原油への投資のハードルを大幅に下げることができる。

現在世界中のオイルは基本的に米ドルで取引されており、これがドルの世界の基軸通貨としての地位を保っている一つの要因でもある。ペトロはドルの支配力を低下させる可能性もあるため、今後アメリカ政府と衝突があってもおかしくはない。

ベネズエラ政府はペトロへの自信を以下のように記している。

「ペトロはDigix(金にペッグ)やTether(ドルにペッグ)などの資産に紐付いた既存のペッグ仮想通貨よりも将来性のあるプロジェクトです。なぜなら資産を担保にした通貨を実際に使うことができるからです。また多くの場所や用途で利用されることが予想され、少なくとも3100万人のベネズエラ国民が使用します。これは現在の世界における仮想通貨の利用人口よりはるかに多いです。」

ペトロは事実上の新たな通貨の発行になるが、金融危機に見舞われるベネズエラを救うことができるのだろうか。多くの国で債務が膨らんでいる現在、国が仮想通貨を発行し新たな資金を国外から調達するという動きが今後活発化するかもしれない。国が発行する仮想通貨のこれからを占う意味でもペトロは注目だ。


Petro Whitepaper


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!