2017.12.20 (Wed) news

ビットコインを一瞬でハードフォークできるウェブサイト「Forkgen.tech」が登場

ビットコインを誰でも簡単にハードフォークし、ブロックチェーンの分岐を行える「forkgen.tech」が登場した。ウェブサイト上でいくつかの設定を行いビットコインを支払えば、Gitリポジトリ用のコードから、コインのロゴ、コンパイル済みのウォレットソフトウェアのバイナリまですべて用意してくれるサービスだ。

新しいフォークコインを作るには、forkgenのページから新しいコインの名前とその省略形、分岐するブロックチェーンのブロック番号を入力するだけだ。お好みでビットコインのロゴを好きな角度に傾けたり、アドレスフォーマットを変更したりできる。その他、リプレイプロテクションの有無や、分岐時点における難易度の調整もオプションとして用意されているようだ。

基本料金は0.005BTCで、日本円にすると10,000円ほど。これまでビットコインをフォークしてできたコインについた価格を考慮すると、お釣りがくるどころか市場で売買が始まれば投資回収も容易だろう。

もちろん、説明せずとも明らかであるがーーー、これは現状のフォークコイン乱造を皮肉ったサービスだ。それはかなり攻撃的な説明文にも表れている。

あまりにも長い間、リード開発者であれどビットコインのブロックチェーンをフォークするのは困難でした。ソースコードの変更やコンパイラの使用は人びとにとって過度な負担になっています。Forkgenは、イノベーションがChainCodeLonbroBlockstreamMIT Coreによる中央計画の抑圧から解き放たれるために作られました。このサービスはBitcoin GoldやBitcoin Diamond、BCash、そしてクレイグ・ライト氏の先見的なリーダーシップにインスパイアを受けています。Forkgenは、サトシのTrue Vision™の一形態です。ビッグブロックがスケーリングに適しているのならば、たくさんのチェーンはより良いはずです。

ビットコインから途中分岐したコインには、プルーフオブワーク・アルゴリズムをEquihashに差し替えたものや、ブロックの発見時間を短縮したもの、ブロックサイズを拡大したものや、マイニングの難易度調整アルゴリズムを変更したものがある。逆に言えば、これらのフォークコインがしていることは、一時のアルトコインブームの時のように、ベースとなるコインのパラメータを変更し、もっともらしく宣伝しているだけのことが多い。

それはBitcoin Goldの謳い文句である「Make Bitcoin, Decentralized Again」や、Super Bitcoinの「Make Bitcoin Great Again」などにも顕著に表れている。これらは、ドナルド・トランプ氏が2016年の大統領戦時に掲げた「Make America Great Again」のスローガンを元にしている(トランプ氏が使用するまでは、ロナルド・レーガン元大統領を代表する言葉だった)。Bitcoin Platinumは延期につぐ延期の末、公式声明も10日以降途絶えている。同コインはビットコインの売り仕掛けのために韓国の高校生が始めたとも言われる。

ビットコインのソースコードは公開されており、先駆者や多数の派生した仮想通貨にも恵まれているため、そのコードを変更し、新しいコインを作成する方法はすぐに見つけることができる。職業技術者でなければ難しいと思われがちだが、プログラムのコードにアレルギーがない人であれば、コインをフォークさせたり、新しいアルトコインを作ることは極めて簡単で、ハードルも低い。

以前書いたコラムでこれらのハードフォークの連鎖が続くと予想したが、現状を見るにそれは間違いではなかったようだ。開発者のJimmy Song氏は、2018年はハードフォークにより取引所が対応に追われると予想している。これを逆手に取り、Binanceなどは、積極的にこれらのコインを取り込むことで成功を収めている。

Forkgenは、その無駄に攻撃的な説明や安くない料金、バイナリデータに不正なプログラムを仕込まれるリスクなどから、爆発的な流行はないだろう。しかし、フォークを行うコストの安さと、そこから生じる影響との差を感じ取るには、充分な効用を示してくれるのではないだろうか。数百のフォークコインが誕生すれば、その中のいくつかは新しい価値を生み出すだろう。しかし、その他の多くに価値があるかは、慎重な判断が必要になる。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。