2018.07.10 (Tue) market

週間ビットコイン相場 2018/7/10 ビットコインの価格が徐々に回復、レジスタンスライン超えなるか

Written by 真田雅幸

ビットコインの価格は、先週の1BTC=73.3万円から0.6%上昇し1BTC=73.7万円となっています。今年最安値の64.6万円から徐々に価格は上昇しています。しかし上値は重く現在は、レジスタンスラインの手前で推移しています。それでは今週のビットコイン相場を振り返ります。

上昇の壁となっている75万円付近のレジスタンスライン

ビットコインの価格は、現在紫のレジスタンスラインがある価格帯の手前で推移しています。昨日一時76万円まで価格が上昇する場面が見られたものの、すぐに跳ね返され長い上ヒゲを付ける結果となっています。

レジスタンスラインには強い売りが存在する一方、トリプルボトムのネックラインにもなっているため、このレジスタンスラインを超えると売り側の損切りが予想されるため価格は大きく上昇する展開となるでしょう。

また、現在のローソク足は7日移動平均線(細青線)と30日移動平均線(中太青線)の上に位置しているため、市場全体の目線は徐々に下から横、または若干の上に切り替わっているようにも見えます。

ビットコインのドミナンスが上昇傾向、アルトコイン価格との相関性に変化も

ビットコインの仮想通貨市場におけるドミナンスが上昇を続けています。今年1月に32.6%まで下落したドミナンスですが、7月10日付のコインマーケットキャップによると、43.3%まで回復しています。

仮想通貨市場において、ビットコインと他のアルトコインには強い正の相関正がみられます。ビットコインの価格が上がるとビットコイン建てのアルトコインの価格も上がり、ビットコインの価格が下がるとビットコイン建てのアルトコインの価格も下がるといった値動きをします。

ではここ最近の値動きはどのように推移しているのでしょうか。

ビットコインはここ10日間ほど、価格を徐々に上げています。

それではアルトコインのBTC建てのここ10日間のチャートを見てみましょう。

LTC/BTCは下落しています。

ETH/BTCは本日大きく下落しています。

MONA/BTCは、小幅に上昇しています。

BCH/BTCは下落しています。

チャートから読み取れることは、マーケットキャップ上位のアルトコインがビットコインに対して価格を下げています。このトレンドが続けば、ビットコインのドミナンスはさらに上昇していくこととなるでしょう。上記チャートを参照すると、ビットコインとアルトコインの正の相関性が弱まりつつあるようです。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。