2019.07.30 (Tue) market

週間ビットコイン相場 2019/7/30 ビットコインは100万円ラインの攻防、テクニカルは下方ブレイクを示唆

Written by 真田雅幸

ビットコインの先週の週足の終値は103.6万円で、週間の下落率は約9.6%でした。現在の価格は102.6万円ほどで推移しています。

Bitbank,BTC/JPY(日足)

100万円ラインの攻防が続くが勝敗の行方は?

先週のビットコインは大きな陰線を記録し弱気の価格推移となりました。現在は100万円付近のサポートラインに支えられていますが、相場は下落トレンドにあるため買い手がどこまで耐えられるかといった状況でしょうか。このラインを下抜けした場合は、90万円〜80万円台前半が次のサポートラインになると予想されます。

Bitbank,BTC/JPY(日足)

日足の一目均衡表では、価格が雲を下抜けしていることから下落トレンドを示唆しています。今週は先行スパン1が先行スパン2の下で推移しており、雲の色も赤へと変化しており弱気色が強くなっています。120万円付近がトレンドの転換点となりそうな価格ラインとなっており、この価格ラインまで上昇しない限り日足レベルでは下落トレンドが継続しているとみるのが妥当でしょう。

Bitbank,BTC/JPY(日足)

日足のインジケーターは、全て弱気を示しておりテクニカル的には100万円割れを示唆しています。一番上のFisherトランスフォームは、Fisherラインが遅行線のTriggerラインを下回っており下落の継続を示唆しています。CCIは-94を記録しており、RSIは41で推移しています。CCIとRSIのどちらも中央値を下回っており弱気を示唆しています。さらにMACDもゼロラインを下回って推移しており、こちらも下落トレンドの継続を示唆しています。

Bitbank,BTC/JPY(日足)

ボリンジャーバンドはバンドが徐々に収束してきています。ATRも間近の高値は11.4万を記録していましたが、現在は7.6万円まで下落してきています。ビットコインは低いボラティリティの値動きが続いた後に高いボラティリティの値動きになる傾向があるため、今後の大きな動きには注意が必要そうです。

Bitbank,BTC/JPY(日足ラインチャート)

今週は100万円付近で買い支えが入り、現在価格はサポートラインの真上で推移しています。一方、価格は下落方向に推移しており、このままサポートライン付近での値動きが続けばサポートラインを割り込むのは時間の問題だと予想されます。


免責: BTCNは仮想通貨・ブロックチェーン情報の提供を目的としており、投資の勧誘を行うものではありません。また、BTCNおよびビットバンク株式会社はBTCNで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の判断や意思決定に関しては、BTCNの各利用者ご自身の責任において行って下さい。
情報開示: BTCNは、仮想通貨取引所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社が運営しています。

無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。