2018.10.26 (Fri) news

北朝鮮、スキャムコインに関与していた疑い

Written by 真田雅幸

北朝鮮はスキャムコインと呼ばれる詐欺仮想通貨に関与していた可能性が浮上した。セキュリティ・ソフトウェアを開発するRecorded Futureのリサーチチームが報告した。

Recorded Futureによると、北朝鮮は、Interstellarという名の仮想通貨に関与していた。Interstellarは名称が数回変更されており、HODLやHUZUといった名称が使われている。さらに北朝鮮は、Interstellarをマイニングしていたことも報告されている。

Interstellarはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるマイニングアルゴリズムを採用している。Recorded Futureは、今年の6月にInterstellarのネットワークが北朝鮮にあるノードとデータ通信を行っていることを発見している。

Recorded Futureは、北朝鮮がInterstellarの開発などのコアな部分に関与していた可能性は低いと結論づけている。一方、Marine Chainという名称の仮想通貨には深く関わっていた可能性が高いとしている。

Marine Chainは、船の所有権をトークン化することを目的に作られた仮想通貨だ。カナダのオンタリオ州政府は以前、Marine Chainが詐欺であるとの判断を下している。

北朝鮮は一般的にインターネットの使用が制限されており、政府の一部高官のみ使用が許されている。インターネットへの接続方法は、北朝鮮政府が管理する通信ルートかロシアの衛星通信企業が保有している通信ルートを活用するなどに限られる。

北朝鮮のデータ通信を解析したRecorded Futureは、北朝鮮がビットコインやモネロといったメジャーな仮想通貨をマイニングしていることを突き止めている。しかし、Recorded Futureによると、ハッシュレートが低いため数台のコンピューターでマイニングしている可能性が高いとした。


Cointelegraph


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。