2018.03.16 (Fri) news

ライトニング・ラボ、 ライトニング・ネットワーク実装「Lnd」をメインネットでローンチ

Written by 真田雅幸

ライトニング・ネットワークの実装の一つLndを開発するライトニング・ラボは、新たなソフトウェア「lnd 0.4-beta」をリリースした。lnd 0.4-betaは、ビットコインのメインネット上で動かすことができる。

今回リリースされたソフトウェアは開発者向けで、ビットコインのメインネットで実際に送金できる。開発者は最新のlndを試験し、将来的なアプリケーション開発に役立てることができる。ライトニング・ラボはメインネット上でlndを利用する場合、失っても問題のない少額のビットコインで実証実験を行うようアドバイスしている。

lnd 0.4-betaの開発には、多くのソフトウェアテスターと60を超える開発者の貢献があった。ライトニング・ラボは今回のリリースに関して以下のように述べている。

「今回のlndのリリースを可能にしてくれたすべての開発者に感謝します。lnd 0.4-betaのリリースは、ライトニング・ネットワークの発展のための大きな一歩になると信じています。また、ビットコインや他の仮想通貨をよりシンプルに早く、安全にするでしょう」

最新のlndは、データのリカバリーに必要なシード発行のフォーマットが更新されている。またペイメントチャンネルを開く際のルートの選定方式が改善された。送金アドレスは、ビットコインのネットワークの最適化及び、送金手数料の低コスト化を実現するためSegwitアドレスにのみ対応している。

ライトニング・ラボによると、Lndの開発の先に、ライトニングに関わるさまざまなコンポーネントのローンチが計画されているという。その中で計画されている機能の1つであるWatchtowersは、不正取引が行われていないかペイメントチャンネルを監視する。一般ユーザー向けのデスクトップ/モバイルアプリも開発中だ。さらにビットコインと他のブロックチェーンのトークンを瞬時に交換することができるCross-chain atomic swapsなども可能となる予定だ。


Lightning Labs


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!