2018.10.01 (Mon) market

トレーディング・シグナル:昨年同様リップルはダブルトップを形成か

Written by 真田雅幸

リップル(XRP)の価格はここ2週間ほど上昇し続けており、現在は1XRP=67.3円で推移しています。2週間前の1XRP=30.2円から約130%の上昇となっています。一方、複数のインディケータは、上昇相場が徐々に調整局面に差し掛かっていることを示唆しています。

XRPの価格はボリンジャーバンドの+2σを抜けましたが、現在は内側に戻ってきています。下限の-2σのラインは収縮しており、上昇トレンドが弱くなっていることを示しています。

ストキャスティクスRSIはすでに上昇相場圏の80ラインを下方ブレイクしている一方、価格推移と比較するとダイバージェンスが発生していることがわかります。これも上昇方向の勢いが弱まっているシグナルであるため、現在は価格の調整局面にあるようです。

本日SWELL開催

本日はリップル社主催のカンファレンス「SWELL」がサンフランシスコで行われます。現地時間の午前11時に始まるため、日本時間では2日の午前3時頃に開始されます。

今回の上昇相場には「SWELL開催」というポジティブなファンダメンタルが大きく影響しているものと推測されます。

下記チャートは2017年10月16日にSWELLが開催された時のチャートです。

昨年のチャートと今年のチャートを比べると非常に似ていることがわかります。SWELLの2週間ほど前から価格が上がりだし、開催の1週間ほど前に一旦価格調整が入り、その後開催日までジリジリ安値を切り上げています。さらにストキャスティクスRSIのダイバージェンスも発生しています。

昨年は、SWELL初日に高値を更新した後価格が下落しています。現在はSWELLを間近に控えているため、高値を狙う場面がきたとしても、ロングの新規ポジションは非常にリスク・リワードが悪いと推測されます。


免責: BTCNは仮想通貨・ブロックチェーン情報の提供を目的としており、投資の勧誘を行うものではありません。また、BTCNおよびビットバンク株式会社はBTCNで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の判断や意思決定に関しては、BTCNの各利用者ご自身の責任において行って下さい。
情報開示: BTCNは、仮想通貨取引所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社が運営しています。

無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!