2018.02.14 (Wed) news

オンラインニュースサイト、広告ブロック対策に仮想通貨をマイニング

Written by 真田雅幸

オンラインニュースサイトのSalonは、広告をブロックするユーザーに対して、広告ブロックを停止するか、マイニングをするかの選択肢を与えている。広告収入でサイトを運営するSalonは、ユーザーに無料でコンテンツを利用してもらうために必要な措置だとしている。

Salonの利用にあたり広告ブロックをしていないユーザーは、通常通りコンテンツを楽しむことができる。広告ブロックをしているユーザーは、ブロックを外すよう指示される。一方、広告なしでコンテンツを閲覧することもでき、その際はユーザーのコンピュータのCPUリソースの一部を利用してモネロのマイニングが行われるようだ。

マイニングされたモネロは、同サイトの収益として運営費に充てられる。ユーザーは、CPUリソースの一部を貸し出すことで運営に貢献できる。同プログラムはベータ版で、モネロだけでなく他の仮想通貨をマイニングする可能性もあるようだ。

Salonによれば、新聞がメディアの主要な媒体であった時代まで遡ると、メディアがスポンサーから広告収入を得てユーザーに安価でコンテンツを提供するビジネスモデルは、100年以上の歴史があるとのことだ。このような広告収益モデルは、メディアとスポンサーとユーザーの三者が経済的に合意を得て上手く形成されていた。

メディアのインターネットを媒体としたデジタル化の流れが始まった20年ほど前から、以前のような広告収入モデルが崩れてきたという。同社によると、1999年に約6.5兆円だった広告収入が、2010年には約2兆円にまで減少したという。

多くのメディアが情報の発信媒体を新聞からインターネットにシフトするにつれ、インターネットの広告収入は増加した。しかし、以前の6.5兆円分の広告収入を得るには至っていない。要因としては、インターネット上のデジタル広告が新聞広告と比べて、価値が低く見積もられていることが挙げられている。

メディアが優良なコンテンツを作るためには、安定した収益が必要になる。メディアがユーザーにコンテンツを無料で提供するためには、運営費用を賄うための収益モデルを構築しなければならない。またユーザー側も、サイトを無料で利用するには運営側に対して何らかの対価を支払う必要があることを認識するべきだろう。今後は広告収入に加え、仮想通貨のマイニングがメディアの収益源となる時代がくるのかもしれない。


Salon Blog


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!